PR

「他の案との比較、適当でない」 新元号めぐり菅義偉長官

PR

定例会見に臨む菅義偉官房長官=3日午前、首相官邸(春名中撮影)
定例会見に臨む菅義偉官房長官=3日午前、首相官邸(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は3日午前の記者会見で、新元号「令和(れいわ)」の選定時に政府が有識者懇談会などに提示した他の5つの原案について「新元号として決定されたもの以外の案については公表を差し控えたい」と述べた。

 公表しない理由については「新元号が広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしていくことが重要で、他の案と比較して議論されることは適当でない」と説明した。

 令和の英訳に関し外務省は「beautiful harmony」(美しい調和)を意味するとの見解を示しているが、政府としての正式な英訳かどうかは「外務省に聞いてほしい」と述べるにとどめた。

 「令」について複数の海外メディアが「命令」「指令」を意味すると解説したことに対しては「承知していない」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報