PR

「ひらパー」人気、自虐的PR「岡田園長」 TDRとUSJ2強時代で活路

PR

 来園者が2年連続で120万人を超え、関西で根強い人気を誇る遊園地「ひらかたパーク」(大阪府枚方市)。人気アイドルを「園長」に起用し、「どこいくねん。ひらパー」(平成30年度)など自虐的PRを展開しながら、地域に根ざした遊園地を模索する。ライバルが次々に閉園していくなか、3年連続の120万人突破も視野に入ってきた。

 「オレにかまわず、滑れ!」。平成30年度冬のひらパーのアイススケート場を舞台にしたテレビCMの一場面。来園者を守るために未確認生物に対し、身をていして叫ぶのは、平成25年3月から「超(スーパー)ひらパー兄さん」、26年3月からは「園長」も務めるアイドルグループ、V6の岡田准一さんだ。

 ほかにも「盛る 来園者10億120万人」のフレーズに笑顔を浮かべるポスター。岡田さんの主演映画「来る」のパロディーだ。思わずツッコんでしまうようなポスターは、これまでも岡田さんが主演する9映画に合わせて制作。会員制交流サイト(SNS)上でも「安定のひらパー」「次は何すんの」と話題になっている。

 大正元年開園のひらパー。路線変更のきっかけは、開園当初から続いた「ひらかた大菊人形展」が菊師らの減少で、平成17年に終了したことだった。

 来園者数は昭和49年の約160万人をピークに、平成23年には87万人まで落ち込んだ。「当時は一つの成功に甘んじていた部分があったのかも」と話すのは宣伝担当の田中逸馬さん(41)。来園者が減る中、企画会議で「できることは何でもやろう」との雰囲気が醸成されていった。

 その一つがシンボルキャラクターとして地元出身の岡田さんの起用だ。「超ひらパー兄さん」の就任要請は「ダメもとだった」(田中さん)が、岡田さんは快諾。アイドルのイメージをあえて裏切るPR戦略が話題になり、若い世代を中心にひらパーの知名度は全国区になった。

 岡田さん頼みだけではない。「子供も楽しめる『ファミリー遊園地』として地域に親しまれる身近な施設を目指す」(田中さん)ことも戦略の一つだった。

 混雑する大型テーマパークに比べて、ゆったりと時間が流れる園内は、地域の公園としての存在感もあわせ持ち、年間パスを利用して地元住民が気軽に訪れる場所になっている。

 田中さんは「テーマパークではないので、さまざまな企画ができるのも強み。『おもちゃ箱』のような園内になるよう意識している」と話している。

 TDRとUSJ2強時代、ユニーク企画で生き残り

 ユニークな戦略を打ち出す遊園地やテーマパークは増えている。客が東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)とユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)の2強に集中するなか、自虐的に特色をアピールすることで活路を見いだしている。

 三重県志摩市のテーマパーク「志摩スペイン村」は、来園者が少ないことを逆手にとり、ホームページ(HP)上で「待ち時間ほぼゼロ」「人が少ないから(写真の)映り込みナシ」とPR。SNS上では「正直すぎてますます好きになった」「のんびり過ごせていいかも」と好意的な反応が多い。

 一方、ペリー率いる黒船が来航した1853年に開業し、日本最古の遊園地と銘打つ東京都台東区の「浅草花やしき」は、あえて古さを売りに。HPでは、お化け屋敷について「花やしきで語り継がれる怪談話をテーマに」、築60年超のコースターは「『還暦』は迎えたけど、まだまだ元気」とうたっている。

 平成初めに多くの遊園地などが開園したが、バブル崩壊を経て経営不振を原因に閉園が相次ぐ。神戸山手大の森山正客員教授(顧客マーケティング)は「東西の2強以外は、集客に苦戦している。生き残りには他にはない特色を打ち出していく必要がある」と話す。(小泉一敏、江森梓)

この記事を共有する

おすすめ情報