PR

税金の無駄遣い1156億円 指摘件数は過去10年で最少 会計検査院の決算報告

PR

会計検査院の2017年度決算検査報告を柳麻理検査官(左)から受け取る安倍首相=9日午後、首相官邸
会計検査院の2017年度決算検査報告を柳麻理検査官(左)から受け取る安倍首相=9日午後、首相官邸

 会計検査院は9日、平成29年度の決算検査報告を安倍晋三首相に提出した。官庁や政府出資法人の「税金の無駄遣い」や制度の改善を求める指摘は374件、総額1156億9880万円だった。指摘件数は過去10年で最も少なく、総額も2番目に少なかった。検査院は「年度によって検査テーマが異なり、指摘件数や総額の増減はやむを得ない」としている。

 指摘金額が最も多かったのは防衛省(約639億円)で、次いで商工中金(約151億円)、農林水産省(約117億円)、厚生労働省(約43億円)と続いた。

 検査院は内閣から独立した地位にあり、国の機関や国が2分の1以上出資する法人などの決算を検査し、報告する。29年度は、早急に是正が必要な法令違反に当たる「不当事項」と判断された事例が292件、約75億円だった。

 今回の検査報告とは別に、学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐる財務省の決裁文書改竄についての追加検査は継続中。今年6月に公表した中間報告では、改竄文書を検査院に提出した財務省の行為は会計検査院法に違反するとの見解を示した。

この記事を共有する

おすすめ情報