産経ニュース for mobile

ドレスや花、理想を重視 変わる結婚式場選び

記事詳細

ドレスや花、理想を重視 変わる結婚式場選び

更新
5月末に開かれたチュールのイベントでは、「卒花」によるトークショーも行われた=東京都目黒区 1/2枚

 「自分らしい結婚式をしたい」というニーズの高まりに合わせ、理想の結婚式をサポートするネット上のサービスが、次々と誕生している。これまではまず式場選びから始まっていたが、ドレスや装花などの好みややりたいことを重視し、それを実現できる式場を選ぶ流れに変わりつつあるようだ。(油原聡子)

<< 下に続く >>

                   ◇

 昨年6月に東京都内のホテルで結婚式を挙げた、東京都品川区の会社経営者、星野有紀さん(30)は結婚式準備のために、会員制画像投稿サイト「インスタグラム」を活用した。ウエディング専用アカウントを作り、準備の様子を投稿。「同じ時期に挙式をする人とつながりたかった。当日参列してくれる友人は驚かせたかったので相談できなくて」と説明する。

 結婚式を控えた花嫁はプレ花嫁を略して「プレ花」と呼ばれる。インスタグラムを通じてプレ花同士はもちろん、結婚式を終えた花嫁「卒花」との交流も盛んだ。星野さんは「招待状など作業の進捗(しんちょく)状況を参考にしたこともある。おすすめの印刷所やドレスについての感想も聞けた」。経験者らの率直な意見や具体的な情報が重宝されている。

 市場規模は減少

 矢野経済研究所の推計によると、挙式や披露宴などの市場規模は平成29年は前年比99・1%の1兆3960億円を見込み、4年連続の減少となっている。

 挙式や披露宴が減少傾向にある一方、SNSなどで花嫁同士が交流することで、「自分らしい式を実現させたい」とのニーズはいっそう高まっている。

 しかし、結婚式場をまず決める従来の選び方では、選べるドレスなどの情報が不足したまま契約してしまうこともあった。あるブライダル関係者は「提携業者以外の利用ができなかったり、追加で“持ち込み料”が必要になったりするケースも多かった」と指摘する。

写真ギャラリー

  • ウェディング診断を受けると、おすすめのプランが届く