産経ニュース for mobile

レモンの健康への効用 「プロジェクト研究センター」に聞いてわかったコト

記事詳細

レモンの健康への効用 「プロジェクト研究センター」に聞いてわかったコト

更新
人気モデルや海外セレブも愛飲していると紹介した「レモンさゆ」(イメージ) 1/3枚

 ビタミンCが豊富なことで知られるレモン。生産量日本一の広島で、健康への効用などに関する本格的な研究が始まっている。レモンを食生活に取り入れることで、体にどんな効果が期待されるのだろうか。

<< 下に続く >>

レモンさゆ

 ビタミンCの抗酸化作用は、美容に役立つとされる。レモンにはこのビタミンCが、果実1個(100グラム)当たり約100ミリグラム含まれている。これは、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(平成27年版)で示された成人の1日の推奨摂取量に相当する。

 また、「リモネン」と呼ばれる匂い成分を含んでおり、これはリラックス効果などを期待できる。

 「冷ました白湯(さゆ)にレモン果汁を入れて飲んでいます。飲むとお腹(なか)が温まり、体が目覚めます」

 人気モデルのマギーさん(25)は雑誌(「日経ヘルス」28年2月号)のインタビューでこう語っていた。

 同じくモデルのローラさん(27)も、画像共有サービス「インスタグラム」で27年3月、自家製レモンさゆの写真を公開し話題になった。

 また、海外でも、オーストラリア出身のスーパーモデル、ミランダ・カーさん(34)がレモンさゆの愛飲者だといわれている。

 約470万人(今年3月14日時点)のフォロワーがいるローラさんのインスタグラムには反響が相次いだ。

 《私も飲んでみたい》

 《おしゃれでおいしそう》

 こうして、レモンさゆは瞬く間にポピュラーになった感がある。

生活習慣病の予防

 「レモンさゆはリラックスするには最適な飲料。また、ビタミンCには風邪の予防だけでなく、血圧上昇や肥満の改善に対する効果も期待されています」

 レモンの生産量が日本一の広島県で、レモンの健康効果を研究する飯田忠行・県立広島大教授(応用健康科学)はこう話す。

 飯田教授は、同大に設けられた「レモン健康科学プロジェクト研究センター」のセンター長も務めるレモン研究の第一人者だ。

 同大のチームによる研究では、レモンの1日平均摂取量が0・3個(レモン果汁約10ミリリットル)未満の人より、0・7個以上(同約20ミリリットル以上)の人の方が最高血圧が低くなった。飯田教授は「加齢に伴う血圧の上昇を抑える可能性があると考えられます」と説明する。

写真ギャラリー

  • 県立広島大のレモン健康科学プロジェクト研究センターのホームページ
  • ポッカサッポロフード&ビバレッジが販売しているレモン果汁を発酵させて作った「レモンの酢」