産経ニュース for mobile

水分少なめ韓国ハクサイ、キムチ専門店などへ出荷 埼玉県日高市

記事詳細

水分少なめ韓国ハクサイ、キムチ専門店などへ出荷 埼玉県日高市

更新
韓国白菜の収穫=24日、日高市 2/2枚

 昨年、高麗郡が建郡されてから1300年を迎えた埼玉県日高市で、韓国料理のキムチの原料になる韓国ハクサイの収穫が続いている。

<< 下に続く >>

 同市栗坪の岡野武二さん(70)の畑では24日、家族で年内最後の収穫に追われた。韓国ハクサイは水分が少なく、キムチの材料に適している。岡野さんは「苗の植え付け後の秋に寒さや台風に遭ったが、出来はいい」と笑顔を見せた。

 同市内では岡野さんら高麗高齢者農業生産集団のメンバー約20人が本格的に栽培を初めて2年目。今季は来年1月初めまでに2万株を出荷する予定で、副集団長の斎藤篤さん(75)は「都内の韓国料理店やキムチ専門店などで使われます」と話している。

写真ギャラリー

  • 韓国白菜の収穫=24日、埼玉県日高市