産経ニュース for mobile

皇居で秋の大綬章親授式

記事詳細

皇居で秋の大綬章親授式

更新
秋の叙勲の大綬章親授式を終え、記念写真に納まる受章者ら。(左から)元最高裁判事の千葉勝美氏、坂本剛二元経済産業副大臣、麻生渡前福岡県知事、頼浩敏・日本奨学金留学生聯誼会名誉理事長、柳井俊二元駐米大使、オーストラリアのピーコック元外相、斎藤勝利元第一生命保険社長、元最高裁判事の山浦善樹氏、イランのモッタキ元外相=7日午前、宮殿・東庭 1/2枚

 秋の叙勲の大綬章親授式が7日、皇居・宮殿「松の間」で行われ、天皇陛下が瑞宝大綬章を受章した柳井俊二元駐米大使(80)ら9人に勲章を手渡された。

<< 下に続く >>

 式に臨んだのは、ほかに麻生渡前福岡県知事(78)、斎藤勝利元第一生命保険社長(73)、坂本剛二元経済産業副大臣(73)、ともに元最高裁判事の山浦善樹(71)、千葉勝美(71)両氏=いずれも旭日大綬章=ら。式の後、陛下は「長年、それぞれの務めに精励し、国や社会のために、また、人々のために尽くされてきたことを深く感謝しております」とねぎらいの言葉をかけられた。

写真ギャラリー

  •  大綬章の親授式に向かう柳井俊二元駐米大使(右)=7日午前、宮殿・南車寄