産経ニュース for mobile

ポテチ「47都道府県の味」企画 岡山は津山ホルモンうどん味

記事詳細

ポテチ「47都道府県の味」企画 岡山は津山ホルモンうどん味

更新

 食品大手のカルビー(東京、伊藤秀二社長)が看板商品のポテトチップスで行う「47都道府県の味」企画で、岡山県用には「B-1グランプリ」全国2位で県外にも名の通る津山市のホルモンうどん味が選ばれた。18日から中国四国地方9県のコンビニエンスストアで発売される。10月下旬までの期間限定商品で、途中からはスーパーなどの店頭にも並ぶ。

<< 下に続く >>

 商品化には地元「津山ホルモンうどん研究会」の監修を受け、みそしょうゆ風味のニンニクだれの味付けで、鉄板上のホルモンうどんを想起するイメージに仕上げたという。

 パッケージの表面には津山城跡のシルエットと同研究会の宣伝用のぼり旗などを、また裏面には扇形機関車庫で知られる「津山まなびの鉄道館」も紹介した。参考価格は120円。

 伊藤社長らは5日、県庁を訪れ、「開封の瞬間の香りからどうぞ」などとPR。試食した伊原木隆太知事は「もう食べるのが止まりません。津山の人も『やったぜ』と喜ぶのでは」と絶賛。同席した同研究会の鈴木康正会長(56)は「ビールにも合う。実際に津山まで行ってみようかと誘われそうな味」と、商品化への謝意を述べた。

 同社では今回の企画を来年2月頃までに3度に分けて展開し、47都道府県で計50の味を再現。隣県の香川用では名物の骨付き鳥の味の発売が予定されている。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント