産経ニュース for mobile

女優・伊藤つかささんが“特攻の母”語る 「私たちが『のほほん』としていられるのは、隊員の皆さまがいたから」 大東亜戦争語り継ぐ会開催

記事詳細

女優・伊藤つかささんが“特攻の母”語る 「私たちが『のほほん』としていられるのは、隊員の皆さまがいたから」 大東亜戦争語り継ぐ会開催

更新
「特攻の母」語る 大東亜戦争語り継ぐ会の様子=写真(春名中撮影) 1/1枚

 ジャーナリストの井上和彦氏と女優の伊藤つかささんらが参加したトークライブ「大東亜戦争を語り継ぐ会 英霊たちと鳥濱トメ物語」(主催・産経新聞社月刊「正論」、協賛・大阪冶金興業)が30日、東京都千代田区の靖国神社遊就館で開かれた。

<< 下に続く >>

 伊藤さんは舞台演劇「帰って来た蛍」で、“特攻の母”として隊員の出撃を見守った鹿児島・知覧の「富屋食堂」のおかみ、トメさんを演じ続けている。

 トークライブでは「私たちが『のほほん』としていられるのは、隊員の皆さまがいたからです。本当に感謝だと思います」と語った。

 伊藤さんが所属するカートプロモーションの柿崎裕治代表とジャーナリストの葛城奈海氏も参加した。