産経ニュース for mobile

【ゆうゆうLife】期待高まる「がん免疫療法」有効性は? 国立がん研究センターが効果「あり」「?」を分類 「正しい理解を」呼びかけ

記事詳細

期待高まる「がん免疫療法」有効性は? 国立がん研究センターが効果「あり」「?」を分類 「正しい理解を」呼びかけ

ゆうゆうLife更新

 併用で副作用も

 効果が明らかでない免疫療法と免疫チェックポイント阻害剤を併用した自費診療も登場している。

 大場医師のクリニックにセカンドオピニオンを求めて訪れる患者の質問には、例外なく、オプジーボや類似薬「キイトルーダ」などの名前が挙がるという。大場医師は「保険適用された疾患以外のがんに使いたいというニーズはあり、応じる医療機関もある。効果不明の免疫療法と併用するところも多い」と証言する。

<< 下に続く >>

 だが、こうした使い方には危うさも伴う。「免疫療法は体に優しい」との誤解があるが、免疫チェックポイント阻害剤には、従来の抗がん剤とは異なる副作用もある。大場医師は「がん治療に精通した医師のいる医療機関で使う薬で、クリニックレベルで使う薬ではない」と断言する。

 併用による副作用事例もある。オプジーボを製造販売する小野薬品工業は昨年7月、厚生労働省の専門部会に「適正使用のお願い」を提出。その中で自費診療の免疫療法とオプジーボの併用で重い副作用事例が6件あり、うち1例は死亡事例だと明らかにした。

 同社は安全使用のため、発売当初からオプジーボを扱える医療機関と医師を限定している。同社広報部は「入院ベッドのないような診療所には納入していない。自費診療の医療機関は薬を輸入して使っているところが多く、利用実態や副作用の把握が難しい」と話している。

                   

【用語解説】免疫療法

 がんの治療は、外科治療の「手術」、「放射線治療」「抗がん剤治療」が3本柱。免疫療法は「第4の治療法」とも呼ばれ、人に備わる免疫力を回復させて、がんの治療を目指す。国立がん研究センターは「がん情報サービス」(http://ganjoho.jp/public/index.html)で「免疫療法 まず、知っておきたいこと」「免疫療法 もっと詳しく知りたい方へ」を情報提供している。

                   

医療職と患者の意思疎通が課題

 効果が明らかでない免疫療法が広がる背景には、医療職と患者との意思疎通の問題もある。がんの治療法について主治医と腹を割って話せるかどうか、その影響は大きい。

写真ギャラリー

  • がん治療薬「オプジーボ」など