産経ニュース for mobile

【ゆうゆうLife】期待高まる「がん免疫療法」有効性は? 国立がん研究センターが効果「あり」「?」を分類 「正しい理解を」呼びかけ

記事詳細

期待高まる「がん免疫療法」有効性は? 国立がん研究センターが効果「あり」「?」を分類 「正しい理解を」呼びかけ

ゆうゆうLife更新
効果のある免疫療法と明らかでない免疫療法 2/2枚

 免疫に働きかけるがん治療薬「オプジーボ」などが保険適用されたのをきっかけに、「がん免疫療法」への期待が高まっている。一方で、インターネット上には、有効性が明らかでない自費で受ける免疫療法の広告も目立つ。患者が両者を混同するとの声もあり、国立がん研究センターは免疫療法を「効果あり」と「効果が明らかでない」に分類。ウェブサイトで情報提供と注意喚起を始めた。(佐藤好美)

<< 下に続く >>

増える自費診療

 「自費診療の免疫療法の広告を、ネットなどでよく見かけるようになり、患者さんから相談される機会も明らかに増えた。でも、多くの人が保険適用された薬と、そうでない薬との違いを理解していない」

 「卵巣がん体験者の会スマイリー」代表の片木美穂さんは、そう話す。

 自費診療の免疫療法自体は以前からあった。だが、広告が目立つようになったのは、オプジーボに代表される「免疫チェックポイント阻害剤」の登場以降だといわれる。オプジーボやヤーボイなど免疫に働きかけるがん治療薬が平成26年以降、肺がんや悪性黒色腫などに保険適用され、今後、対象疾患の拡大も見込まれる。このため、患者に免疫療法全般への期待が高まっているようだ。しかし、現時点で効果が科学的に明らかになっている免疫療法は、保険適用されたごく一部だ。

 患者の期待と現実とのギャップに危機感を抱いた国立がん研究センター(中釜斉理事長)は3月、「がん情報サービス」のウェブサイトを全面更新した。

 一般に広まる各種の免疫療法を具体的に挙げ、有効性が科学的に証明されているか否かで分類。その上で、有効性が科学的に証明されていない免疫療法について、「まだ効果が明らかにされていないので慎重な確認が必要」と、踏み込んだ表現で注意を促した。

 同センターの若尾文彦がん対策情報センター長は「ニボルマブ(オプジーボ)などの登場で、免疫療法に効果があるのでは、と大きな期待が生まれた。その期待を利用するような形で、効果が明らかでない免疫療法も広がっている。正しく理解して、正しい選択をしてほしい」と訴える。

 有効性が証明されていない免疫療法が自費診療で広がることに、危機感を抱く医師は多い。

 「東京オンコロジークリニック」(東京都千代田区)代表の大場大(まさる)医師もその一人。「治療が保険診療でないとすれば、それは効く根拠が薄いから。効くならば、医師は科学的に立証すべきだ。患者の体験談をホームページなどに連ねるのではなく、客観データで有効性を証明する必要がある」と話す。

写真ギャラリー

  • がん治療薬「オプジーボ」など