産経ニュース for mobile

TDL「美女と野獣」の新アトラクションが起工式 平成32年オープンの予定

記事詳細

TDL「美女と野獣」の新アトラクションが起工式 平成32年オープンの予定

更新
映画「美女と野獣」をテーマにした大型アトラクションの外観イメージ=(c)Disney 1/1枚

 千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)で、映画「美女と野獣」や「ベイマックス」をテーマにした大型アトラクションなどを新たに導入することになり5日、起工式が行われた。オープンは平成32年春の予定。

<< 下に続く >>

 運営するオリエンタルランドによると、開発エリアは計約4・7ヘクタール。「美女と野獣」の世界を体感できるエリアには、野獣が住む城をモチーフにしたアトラクションを設置予定。このほか、オリジナルのショーを披露するシアターも建設する。

 総投資額はTDLと東京ディズニーシーの開園以来の最大規模となる約750億円を見込む。

 同日開かれたセレモニーには、ミッキーマウスとミニーマウスも参加、お祝いをした。