産経ニュース for mobile

中国の著名なミサイル・ロケット技術開発者、任新民氏死去

記事詳細

中国の著名なミサイル・ロケット技術開発者、任新民氏死去

更新

 任新民氏(にん・しんみん=中国の著名なミサイル・ロケット技術開発者) 中国メディアによると、12日、病気のため北京市内の病院で死去、101歳。1970年、技術者として中国初の人工衛星「東方紅1号」の打ち上げを指導した。毛沢東が掲げた「両弾一星(原水爆と人工衛星)」事業の功績者として99年に表彰され、「中国の宇宙開発の4長老」と呼ばれた4人のうち唯一の存命者だった。45年に米国に留学し応用力学の博士号を取得後、帰国した。(北京 西見由章)

プッシュ通知