産経ニュース for mobile

作家のもりたなるお氏が死去、産経新聞で「雪辱」連載

記事詳細

作家のもりたなるお氏が死去、産経新聞で「雪辱」連載

更新

 「銃殺」「山を貫く」などの作品で知られ、小説から漫画まで手がけた作家、もりたなるお(本名・森田成男)氏が昨年11月21日に肺炎で亡くなっていたことが分かった。90歳だった。

<< 下に続く >>

 東京都出身。警察官などの職を経て、漫画家に。作家として「頂」で小説現代新人賞、「真贋の構図」でオール読物推理小説新人賞を受賞。直木賞の候補には「無名の盾」「銃殺」などで5回ものぼった。平成5年には「山を貫く」で新田次郎文学賞。相撲にも造詣が深かった。

 産経新聞で「雪辱 小説2・26事件」といった連載小説のほか、コラムや挿絵なども手がけた。

プッシュ通知