産経ニュース for mobile

地方の移住先、一番人気は? 総務省の相談窓口が調査

記事詳細

地方の移住先、一番人気は? 総務省の相談窓口が調査

更新

 地方移住に関心がある人向けの総務省の相談窓口「移住・交流情報ガーデン」(東京)が、移住したい地域や関心のある場所を来場者に道府県別で尋ねたところ、今年3月末時点の集計で、長野がトップとなったことが分かった。2位は北海道、3位は山梨。

<< 下に続く >>

 長野や山梨は民間調査でも移住希望先として人気が高く、総務省は「首都圏に近く交通アクセスがいいことや、移住相談会に力を入れていることが影響した」と分析している。道府県別の回答者数や4位以下の順位は公表していない。

 移住・交流情報ガーデンは昨年3月、JR東京駅近くに開設。1年間の来場者数は約1万7000人で、うち約3000人が今回のアンケートに答えた。

 回答者の6割が20~40代。移住したい時期を尋ねると「1年以内」が21%、「2~3年以内」が13%と、早期移住を具体的に検討している様子がうかがえる。