産経ニュース for mobile

天文衛星ひとみ、運用断念 JAXA発表

記事詳細

天文衛星ひとみ、運用断念 JAXA発表

更新

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、通信が途絶したエックス線天文衛星「ひとみ」の運用を断念すると発表した。衛星の復旧に向けた活動を取りやめ、今後は原因究明を続けるとしている。

<< 下に続く >>

 ひとみは2月に種子島宇宙センター(鹿児島県)からH2Aロケットで打ち上げられたが、3月26日以降、地上で電波を正常に受信できなくなった。

 米戦略軍統合宇宙運用センターなどの観測で、ひとみは10個以上の破片に分裂したことが判明。姿勢制御系の誤作動により機体が回転し、破損したとみられ、復旧は困難と判断した。

 ひとみはJAXAが米航空宇宙局(NASA)などと共同で開発した最新鋭のエックス線天文衛星。日本側の開発費は310億円。順調なら5月にも本格観測を開始し、ブラックホールなどを観測して宇宙の成り立ちや進化の謎の解明に挑む予定だった。