産経ニュース for mobile

【アイドル発見】ダブルエーサイド ライブ至上主義アイドルはステージではへそだしルックでセクシーも、素顔は漫才師顔負け!?

記事詳細

ダブルエーサイド ライブ至上主義アイドルはステージではへそだしルックでセクシーも、素顔は漫才師顔負け!?

アイドル発見更新

月に35回もライブ

 「私たちを一言でいえば、ライブ至上主義アイドル!」(茜)

 「多いときで、月に35回のライブを行った月もあります」(綾美)

 28年3月まで2人とも中学生だったが、学校が終わった後や週末を使って、ひたすらライブを続けた。アイドルとしてプロを目指しているため、4月からは通信制高校で学ぶ。

 中学2年で別々の活動をしていた2人は、アイドルソロクイーンコンテスト」に出演し決勝で上位入賞。そのパフォーマンスをみた事務所社長の籠尾訓一が「この娘たちは本当のプロアイドルになる素材だ」と才能に惚れ込みユニット結成を決意。平成27年3月19日にデビューした。

 スリーサイズは茜がB75・W54・H72、綾美がB78・W 58・H83。ともに均整のとれたボディー。

 「目立ったトレーニングはしていません。親からの遺伝かな」(茜)というが、ウエストの締まったボディーラインは多くのライブを積み重ねた運動量のたまものだろう。

 ちなみに、綾美は「Y字バランスができます!」とほど体が柔らかく、会場の片隅でY字バランスを披露してくれた。

 そんなキレのよいボディーの2人は、ラテンダンスやバレーを取り入れたオリジナル性の高いしなやかな動きをステージでみせる。