産経ニュース for mobile

【アイドル発見】ダブルエーサイド ライブ至上主義アイドルはステージではへそだしルックでセクシーも、素顔は漫才師顔負け!?

記事詳細

ダブルエーサイド ライブ至上主義アイドルはステージではへそだしルックでセクシーも、素顔は漫才師顔負け!?

アイドル発見更新

 月に35回のライブを行ったこともあり「ライブ至上主義!」をアピールする、デビュー1年目で早くも国内外で活動する2人組ユニットが「WAーSide」(ダブルエーサイド)だ。ライブではへそ出しルックでセクシーなパフォーマンスをみせる2人も、素顔は漫才コンビも顔負けのツッコミとボケをみせる多面なキャラクターが魅力だ。(昌林龍一、写真も)

<< 下に続く >>

2人がともに主役

  「クスリは絶対にやっちゃダメ! ここに来ている人はやってないよね」

 薬物乱用防止をテーマに、総勢40組100人以上のアイドルが墨田区の区立錦糸公園に集まった音楽フェス「すみだライブフェス2016 ~ダメ。ぜったい。」(一般社団法人ピースライブ主催)の会場。

 赤をベースにしたセクシーなへそ出しビキニタイプの衣装で登場したダブルエーサイドの、一二三茜(ひふみ・あかね、15)と姫里綾美(ひめざと・あやみ、15)。クールビューティーが持ち味のあかねは、落ち着いた口調ながら心を込めて来場者に薬物乱用防止を訴えた。

 中学を卒業したばかりで平成28年4月現在は15歳。それでも、ステージでは大人顔負けのセクシーな雰囲気を醸し出す。

 「WA-Side」のAは2人のイニシャル。A-Sideは、どちらとも主役という意味だ。2人キレのよいステージパフォーマンスは「どちらとも主役」のとおり両者譲らずの迫力。よりハイレベルなパフォーマンスを目指すことで切磋琢磨(せっさたくま)している。