産経ニュース for mobile

【ノーベル賞受賞】大村智氏、風土病薬「イベルメクチン」を実用化 アフリカで失明の危機を克服、効果劇的

記事詳細

大村智氏、風土病薬「イベルメクチン」を実用化 アフリカで失明の危機を克服、効果劇的

ノーベル賞受賞更新

 ノーベル医学・生理学賞に輝いた北里大特別栄誉教授の大村智氏(80)は、微生物が作り出す有用な化合物を次々に発見し、医療や研究に大きく貢献した。中でも寄生虫による風土病の治療薬として実用化した「イベルメクチン」はアフリカなどで無償供与され、世界で年間3億人を失明の恐怖から救っている。(黒田悠希)

<< 下に続く >>

 米国留学から帰国した大村氏は昭和48年、北里研究所の室長として微生物の探索を始めた。各地の土壌を集め、薬に使えそうな物質を作り出す微生物がいないか調べる地道な研究だった。

 静岡県伊東市内のゴルフ場近くの土壌中から、新種の放線菌「ストレプトマイセス・アベルメクチニウス」を発見。共同研究していた米製薬大手メルクに試料を送り、マウスで実験したところ、寄生虫に対して有効なことが50年に分かった。

 大村氏と同社はこの菌から抽出した化合物を「エバーメクチン」と命名。薬剤として使うための改良を重ね、分子の構造を一部変換してイベルメクチンという化合物を開発した。寄生虫や昆虫など節足動物の神経に作用し、少量の投与で高い効果を発揮する。

 当初は家畜やペットの寄生虫駆除剤として販売されたが、人間の感染症にも有効なことが臨床研究で判明。アフリカや中南米の人々を苦しめていた「オンコセルカ症」という風土病に効果があることを突き止めた。

 オンコセルカ症は河川盲目症とも呼ばれ、ブユに刺されることで糸状の微小生物である線虫が目などに侵入する。アフリカで年間数万人を失明させていた恐ろしい病だ。イベルメクチンの効果は劇的だった。少量の服用で有効性を示し、副作用も少ない。

 イベルメクチンは56年に動物薬としてメルクが発売し多大な売り上げを記録。62年にヒト用の「メクチザン」の商品名で同社が無償供与を開始した。画期的な治療薬の登場は患者に福音をもたらした。世界保健機関(WHO)は将来、オンコセルカ症が撲滅されるとみている。

 イベルメクチンは、寄生虫のフィラリアに感染して皮膚がゾウのように厚くなる「リンパ系フィラリア症」(象皮病)という熱帯病や、沖縄県や東南アジアなどで発生する糞(ふん)線虫症にも効くことが分かった。

 大村氏が微生物から発見した化合物は実に約500種類に及んでおり、うち約30種が実用化している。他の研究者から論文が最も多く引用されているのは、52年に別の放線菌から見つけた「スタウロスポリン」という化合物だ。

 タンパク質にリン酸を付ける酵素の働きを阻害する物質で、研究用の試薬として広く使われている。平成3年に発見したタンパク質分解酵素の働きを阻害する「ラクタシスチン」も試薬として実用化されるなど、医療や生命科学の発展に多大な貢献を重ねてきたことが栄誉につながった。