産経ニュース for mobile

家庭の支出「最も節約したい」のは… 1位スマホなど通信費

記事詳細

家庭の支出「最も節約したい」のは… 1位スマホなど通信費

更新
1/1枚

 家庭の支出の中で、最も節約したいのはスマートフォンや携帯電話などにかかる通信費-。そんな実態が、総合マーケティング支援を行うネオマーケティングの調査で明らかになった。

<< 下に続く >>

 調査は今月、6~15歳の子供を持つ母親を対象に、インターネットを通じて世帯支出の実態や節約法などについて尋ねた。1200人が回答した。

 通信費の世帯支出は、1カ月当たり「1万円以上2万円未満」が最多の48・6%で、これを含め1万円以上が73・9%を占めた。1万円未満は26・2%だった。

 一方、理想の通信費として1万円以上を容認したのは47・1%で、52・6%が1万円未満と回答するなど開きがあった。

 ただし、通信費を「節約している」と回答したのは48・3%。46・5%は「節約したいが方法が分からない」だった。最も節約したい項目は、「通信費」の回答が34・5%と最多で、2位の食費(22・7%)を引き離した。

 節約アドバイザーの和田由貴さんは「契約内容に深い理解が必要な点が、節約を難しくさせている。通信各社は家族単位で長期に利用すると有利な仕組みを導入しており、節約につながるのではないか」と話す。

 例えば、ソフトバンクモバイルは条件を満たせば子供が26歳になるまで、家族も1カ月当たりの通信料が540円割引となり、データ量が加算されるキャンペーン「家族の学割」を展開している。同社は「家族全体で節約を考える方の利用が増えている。今後もさらにサービスを充実させたい」としている。