産経ニュース for mobile

【スタンプの変革】(上)スタンプ機能「LINE」人気の原動力 感情をキャラクターに投影

記事詳細

(上)スタンプ機能「LINE」人気の原動力 感情をキャラクターに投影

スタンプの変革更新

 世界中で利用者を増やしているスマートフォン向け交流アプリ「LINE(ライン)」。人気の原動力になってきたのが、イラストを送って感情を伝えられるスタンプ機能だ。スタンプの普及で、人々の意思疎通の形はどう変わったのか-。サービスの狙いをひもときつつ、スタンプがコミュニケーションにもたらした変革を探る。(三品貴志)

 言葉はいらない

 LINEアプリとスタンプを開発したのは、韓国NHN(現ネイバー)傘下の日本法人(現LINE株式会社)。アプリは平成23年6月に登場し、同年末にスタンプ機能が加わった。スタンプは今や世界で2万種類以上が展開されているが、当初は丸い顔で喜怒哀楽を表現したオリジナルの「ムーン」など3種類だけだった。

 「LINEは当初から世界中の人々が使えるアプリを目指していた。言語の垣根を越え、言葉のいらないコミュニケーション方法が理想だった」

 LINEコンテンツ事業部スタンプ企画チームの渡辺尚誠マネージャーは、開発当時の狙いをこう語る。

 企画チームが参考にしたのは、既にガラケー(従来型携帯電話)で一般化していた絵文字やデコメ(デコレーションメール)だった。特に、女性は絵文字の利用頻度が高いとされており、スタンプでも女性に好まれそうなかわいいデザインを採用していった。

 狙いが当たり、スタンプは女性を中心に支持を拡大。「文字だけではそっけないような場面でも、絵を交えることで気持ちが柔らかく伝わる」と渡辺さん。言葉に“味付け”を加える絵文字の効果をさらに増幅させた点に、スタンプ人気の理由はありそうだ。

 日本はネコ人気

 登場から約3年がたち、ユーザーが多種多様なスタンプを楽しめるようになったのは周知の通り。人気キャラクターが続々と加わり、今年5月からは、一般人がLINE側の審査をへて自作スタンプを販売できる「クリエーターズスタンプ」サービスも始まった。

 一方、利用状況を分析すると、一定の偏りも表れつつあるようだ。渡辺さんによると、日本向けに展開されているスタンプの中で最も種類が多く、最も利用されているのが動物のキャラクター。特に、ネコの人気は突出しているという。

 これに対し、海外で好まれるスタンプの種類は国や地域によって千差万別。例えば、タイでは動物よりも人間の女性をイメージしたキャラクターが人気。台湾では水牛のキャラクターが、北米では鮮やかな色使いのスタンプがよく利用されている。

 渡辺さんは「利用状況の差には恐らく、文化や宗教の違いが表れている。日本の場合、身近な動物に感情を託して擬人的に伝えることが好まれているのかもしれない」と推測する。

 無表情も利用増

 渡辺さんが最近の日本での特徴として挙げるのが、無表情のスタンプが増えてきたこと。例えば、目や口を省略したのっぺらぼうのようなキャラクターに一言の文字が添えられた「文字打ってる場合じゃねえ!」というスタンプは、ダウンロードランキング上位の常連だ。

 「表情がない分、性別を問わず、利用者が自分を投影しやすいのではないか」と渡辺さん。スタンプは送り手の“分身”として、受け手との共感をつなぐ役割も担っているようだ。