産経ニュース for mobile

【父の教え】自律なきは「易きに流れる」 音楽ユニット「喜多三」主宰・古関正裕さん

記事詳細

【父の教え】自律なきは「易きに流れる」 音楽ユニット「喜多三」主宰・古関正裕さん

更新

 「ビートルズ世代ですから、若い頃は父の曲を演奏しようとは思わなかった。『古い』というイメージがあったんでしょうね」

 古関正裕さん(67)は昨年1月、父で作曲家の古関裕而さんの楽曲を演奏する音楽ユニット「喜多三(きたさん)」を結成した。今年は裕而さんが亡くなって25年。音楽仲間から「ぜひ、やるべきよ」と背中を押され、決心した。

 昨年1年間で高齢者施設など7カ所でライブ演奏を行った。「涙を流して喜んでくれるお年寄りもいて、改めて楽曲の力を感じた」

 気品あふれる旋律で戦前、戦中、戦後に活躍した裕而さんの曲は何千曲にも及ぶ。ただ、正裕さんが父の曲をじっくり聴くようになったのは大人になってから。昭和63年の福島市古関裕而記念館開館に向け、資料集めに奔走したのがきっかけだった。

 裕而さんは福島市の呉服店「喜多三」の長男として生まれ、独学で作曲を学んだ。作曲家、山田耕筰の推薦で日本コロムビアに入社し、東京に移住。職業作曲家として、流行歌や応援歌、戦時歌謡などのヒット曲を連発。戦時中は戦地を訪れ、慰問活動も続けていた。

 「戦前、戦中、戦後、『良い曲を作る』という父のスタンスは変わらなかった。ただ、戦時中の曲は短調が多い。勇ましい歌詞でも庶民の心情をメロディーでくみ取ったと思う。誰だって本当は戦争に行きたくなかったはずですから」

 正裕さんが物心ついた頃、裕而さんはドラマや劇、映画などの作曲に明け暮れていた。自宅2階で静かに五線譜を走らせる姿が印象に残る。酒は飲まず、食事時に階下に下り、終えると2階に上がる。しかし、スポーツは苦手なのに、卓球やキャッチボールで遊んでくれる優しい人だった。

 正裕さんも音楽好きで小学1年から12年間、ピアノを習った。音大に進もうかと思ったこともある。学生時代は、カントリーバンドやグループサウンズ「ヴィレッジ・シンガーズ」で活動。しかし、音楽の道には進まなかった。「自分で作った曲を聴いてもらったとき、親父(おやじ)は一言、『頭で考えて作っているね』。かなわないなと思いました。音楽では何をやっても超えられない。だから、あえて違う道を選んだ」

 大学では数学科に進み、卒業後、新聞社に就職。オンライン情報システムの設計などに取り組んだ。「今まで誰もやったことのない仕事で、新しいことができ、充実していた。どんな人にも役割があり、社会を変える力がある。父も文具や機械いじりなどいろいろなことが好きだった。子供にも『何かをやれ』と強制することはなかった」

 記憶に残る裕而さんの言葉は「悪貨は良貨を駆逐する」「朱に交われば赤くなる」。「自分を厳しく律しなければ『人は易(やす)きに流れる』。親父は、人間は弱いという視点をいつも持っていたと思う。ただ、とことん話し合ったり、ぶつかり合ったりしたことがない。心の中を知りたかった。今、それが残念です」

 裕而さんの楽曲で、今もラジオから流れる「ひるのいこい」のテーマ曲。のどかな田園風景と悠久の歴史、小さな幸せを大切にしながら日々を営む人々の笑顔が浮かぶ。思いは全て曲に詰まっている。(村島有紀)

                   ◇

 ≪メッセージ≫

 『親の七光』と思われるのが嫌で、音楽の道には進まなかったのに、この年になって親父の曲を歌い継ぐなんて自分でもびっくり。これも、今までの人との出会いがあったからこそ、できること。親父とみんなに感謝。残りの人生のライフワークとして頑張るよ。

                   ◇

父・古関裕而(こせき・ゆうじ) 本名・勇治(ゆうじ)。明治42年、福島県生まれ。早大応援歌「紺碧(こんぺき)の空」、プロ野球阪神タイガース球団歌「六甲おろし」、戦時歌謡「露営の歌」、ドラマ「君の名は」、東京五輪「オリンピック・マーチ」、「栄冠は君に輝く」など5千曲以上を作曲。昭和44年、紫綬褒章。54年、福島市名誉市民第1号。脳梗塞で倒れ、平成元年、80歳で死去。

                   ◇

子・古関正裕(こせき・まさひろ) 昭和21年、東京都生まれ。早大卒。新聞社を早期退職後、小説を執筆。平成21年、古関裕而生誕百年を記念したCDの企画監修で日本レコード大賞企画賞。4月6日、東京都大田区で没後25年を記念したコンサートを開催予定。

ランキング