PR

フランス車らしさを取り戻したC3エアクロスはコンパクトSUV界のダークホースか

PR

SUVらしく、荷室容量も抜かりなし。410Lから最大1289Lまで拡大が可能だ。また、テールゲート下のバンパーは傷がつかないよう無塗装になっているのもありがたい。
SUVらしく、荷室容量も抜かりなし。410Lから最大1289Lまで拡大が可能だ。また、テールゲート下のバンパーは傷がつかないよう無塗装になっているのもありがたい。

この記事を共有する

おすすめ情報