PR

追憶の「わが日本車」~3代目 ホンダ アコード

PR

3代目「アコード」は1985年登場。1990年まで作られた。
3代目「アコード」は1985年登場。1990年まで作られた。
その他の写真を見る(1/10枚)

 懐かしの日本車を当時のエピソードとともに振り返る! 今回は1985年に登場したホンダの3代目「アコード」。

リトラクタブルヘッドライト

 「シビック」からの受け皿として開発された「アコード」は、当初3ドアハッチバックでスタートした。そのスタイルは今までの日本車とは別次元の都会的なものだった。2代目から北米での生産も始まり、世界的に大ヒット。ホンダの重要モデルになった。

トランスミッションは4ATないしは5MT。
トランスミッションは4ATないしは5MT。
その他の写真を見る(2/10枚)
センターアームレスト付きのリアシート。
センターアームレスト付きのリアシート。
その他の写真を見る(3/10枚)

 そして私とも縁が深かったのが3代目のアコードだ。1985年のフルモデルチェンジで登場した3代目の「CA型」は、リトラクタブルヘッドランプを採用したのが大きな特徴だったし、FWD(前輪駆動)とは思えないフロントフードの低さも驚きだった。

 当時展開されていたベルノ店からは姉妹車「ビガー」が販売されており、私はこちらを購入した。アコードにしなかったのは、家の近くにベルノ店があったからと記憶する。

姉妹車「ビガー」は、アコードとほとんどおなじだった。
姉妹車「ビガー」は、アコードとほとんどおなじだった。
その他の写真を見る(4/10枚)
サスペンションは4輪ダブルウィシュボーン。
サスペンションは4輪ダブルウィシュボーン。
その他の写真を見る(5/10枚)

 CA型は1.8リッターと2.0リッターを選べた。私のビガーは、前者。しかもベーシックなSOHCのほうだった(DOHCも選べた)。とはいえ、ファブリックのシートやインテリアは十分なクオリティだったし、エンジンも扱いやすかった。

 サスペンションは凝った設計の4輪ダブルウィシュボーンで、乗り心地とハンドリングの両立を狙った。前輪駆動の量産車としては初めての形式である。余談ながら、2年後に登場した4代目シビックも4輪ダブルウィッシュボーンを採用した。当時、自身のレース車両に4代目シビックを使っていたが、その面倒を見てくれたメカニックが、接地変化の少なさに驚いていた。アコードはその先取りだったわけだ。

 上級グレードはフロントに、2ポッドキャリパーを持つ4輪ディスクブレーキを採用したのも特徴だった。

「エアロデッキ」と呼ぶ3ドアハッチバックモデルも選べた。
「エアロデッキ」と呼ぶ3ドアハッチバックモデルも選べた。
その他の写真を見る(6/10枚)
ゲートは、ルーフ後部から開く。
ゲートは、ルーフ後部から開く。
その他の写真を見る(7/10枚)

 3代目アコードの乗り心地は素晴らしかった。前席だけでなく後席も揺れが少なく、よく通っていた東京~鈴鹿間の移動でも疲れ知らず、苦にならなかった。室内も広大で、時折一緒に行った家族も、後席にゆったり座っていた。

エアロデッキは5人乗りだった。リアシートのバックレストは50:50の分割可倒式。
エアロデッキは5人乗りだった。リアシートのバックレストは50:50の分割可倒式。
その他の写真を見る(8/10枚)
1987年には固定式ヘッドランプを持つ「アコードCA」が追加された。
1987年には固定式ヘッドランプを持つ「アコードCA」が追加された。
その他の写真を見る(9/10枚)

 ハンドリングは、低速の山道から中央道のような高速コースまでライントレース性に優れ、かつ路面のアンジュレーションにも乱れることが少なかった。

 私が乗っていたビガーも、アコードとおなじく優れたハンドリングと快適な乗り心地を両立した理想的なファミリーカーだった。明るい室内とともに今も時折、“ガンメタ”のビガーを思い出す。

 文・日下部保雄

87年のマイナーチェンジで、レザーシート仕様を追加。
87年のマイナーチェンジで、レザーシート仕様を追加。
その他の写真を見る(10/10枚)

この記事を共有する

おすすめ情報