PR

画期的なパーソナル空気清浄機「FitAir」とは?

PR

コンパクトサイズで持ち運び便利!

 2020年1月14日から販売開始された「FitAir」は、携帯性に優れたパーソナル空気清浄機。ユニークな家電などをプロデュースするGloture(グローチャー)が手がけた。

 FitAirの重量は約220g。USB経由による充電で、2時間~6時間ほど使用出来る(動作時間はファン速度によって異なる)。本体寸法は、長さ×幅×高さ=234×89×79mm。オフィスデスクに置くことなどを想定し、開発されたという。

その他の写真を見る(1/3枚)

 空気を浄化するフィルターは、直径110μm以下のガラス繊維ろ紙を使ったHEPA(High Efficiency Particulate Air Filter)フィルターを採用。3平方メートルの部屋であれば、浮遊するアレルゲン物質(花粉、カビ、ペットのふけ、チリダニ)、煙、0.3μmまでの微生物、PM2.5を97.8%除去するという。HEPAフィルターの交換目安は、約1~4カ月(汚れ具合で異なる)。

 別売りの専用マスク&医療用シリコンゴムチューブをFitAirに接続すれば、口と鼻に直接新鮮な空気を送れるという。送風スピードは3段階に調整出来るとのこと。付属のリストバンドにセットしたFitAirと組み合わされば、ランニングなどのスポーツ時にも使用出来る。

その他の写真を見る(2/3枚)

 FitAir専用のモバイルアプリケーションもあり、FitAirと連携させれば、周囲の空気の質や温度、湿度、さらにはHEPAフィルターの寿命やバッテリー残量を、スマートフォンなどのモバイル端末で確認出来る。

その他の写真を見る(3/3枚)

 FitAirの価格は1万4800円(税別)。交換用HEPAフィルター(5枚セット)は5500円(税別)、専用マスク2枚&医療用シリコンゴムチューブ2本は5500円。GlotureのECサイトで購入出来る。

 文・稲垣邦康(GQ)

この記事を共有する

おすすめ情報