PR

アルファード&ヴェルファイア一部改良! 標準化されたディスプレイ・オーディオとは?

PR

 トヨタのミニバン「アルファード」、「ベルファイア」が一部改良された。注目はディスプレイ・オーディオの標準化だ!

Apple CarPlayとAndroid Autoはオプション

 トヨタのディスプレイ・オーディオ標準化が止まらない。カローラ・シリーズなどに続き、フラグシップ・ミニバンの「アルファード」、「ベルファイア」も一部上級グレードを除き標準化され、2020年1月6日より販売開始される。

 搭載されるディスプレイ・オーディオは9インチ。スマートフォンと連携し、内蔵されている音楽やラジオ、カーナビゲーションなどのアプリをディスプレイ・オーディオに表示し、操作出来る。

ディスプレイ・オーディオのサイズは9インチ。
ディスプレイ・オーディオのサイズは9インチ。
その他の写真を見る(1/3枚)

 そのほかの機能は、AM/FMチューナー(ワイドFM対応)、Bluetooth対応(ハンズフリー通話・オーディオ再生機能)、USB入力(動画・音楽再生/給電)、バックガイドモニターなどがある。スピーカー数は8個。

 Apple CarPlayとAndroid Autoを使いたい場合、オプションのテレビ機能を選ぶ必要がある。

インテリア・デザインは従来モデルとおなじ。
インテリア・デザインは従来モデルとおなじ。
その他の写真を見る(2/3枚)

 従来モデルとおなじような車載用ナビゲーション機能を使いたい場合は、エントリーナビキットないしはT-Connectナビキットのいずれかをオプションで装着すればよい。

 上級グレードは、ディスプレイ・オーディオではなく10.5インチのT-Connect SDナビゲーションシステムになる。サウンド・システムも17スピーカーのJBLプレミアムサウンドシステムが奢られる。

オプション設定の電動サイドステップ。
オプション設定の電動サイドステップ。
その他の写真を見る(3/3枚)

 ディスプレイ・オーディオ標準化にともない、3眼LEDヘッドランプの標準設定グレードを拡大したほか、スライドドアの開閉に連動してステップが展開・格納される電動サイドステップ(オプション)が設定された。

 価格はアルファード、ベルファイアともに352万~775万2000円。

 文・稲垣邦康(GQ)

この記事を共有する

おすすめ情報