産経ニュース for mobile

殴ることが生きることだった…元ヘビー級チャンピオン、マイク・タイソンのいま

記事詳細

殴ることが生きることだった…元ヘビー級チャンピオン、マイク・タイソンのいま

GQ JAPAN 更新

 元ヘビー級チャンピオンで、時代のアイコンでもあったマイク・タイソンは、2016年6月30日に50歳の誕生日を迎えた。『GQ SPAIN』は、ラスベガスにある彼の家を訪ね、半世紀にわたる戦う男の人生とボクシングについて話を聞いた。

<< 下に続く >>

 Photos: Marco Grob   Words: Cezar Grief

※その他の画像はこちら

 ラスベガスとマイク・タイソン

 ラスベガスにとってのマイク・タイソンは、ボクシングにとってのラスベガスと同じように特別な存在だ。

 私たちはタイソンへのインタビューを行うために、歴史的な試合が行われた罪深き街、ラスベガスに向かった。タイソンはそこで家族と暮らしている。彼がラスベガスをインタビューの場として選んだのは当然だ。なぜなら、この街はエンターテインメント、ギャンブル、そして格闘技のメッカなのだから。

 タイソンの人生は、浮き沈みの激しい、ジェットコースターのようなものだった。つらい幼少期を過ごしたあと、ボクシングコーチのカス・ダマトと出会い、彼の人生は一変した。20歳で世界チャンピオンとなったが、その後の3年間は牢屋で過ごした。出所時には約400万ドルの銀行預金を持っていたものの、複数の薬物中毒が原因で、その貯金を数年間で使い果たし自己破産。しかも借金は増え続けた。タイソンにとって、この時期は人生最悪の時だった。そんななか2005年に引退。20年にわたるプロキャリアに終止符を打つことになる。

 しかし、『ハングオーバー!』などの映画に出演したことが転機となり、タイソンの人生はまたもや大きく変わっていった。最近では、俳優(直近の出演作は2015年の『イップ・マン 継承』)として活躍するほか、ワンマンショー『Mike Tyson:Undisputed Truth』(原題)に出演したり、テレビアニメ『Mike Tyson Mysteries』(原題)の製作を行ったり、さらにはアニマルプラネットでリアリティドラマ『マイク・タイソンと鳩レース』に出演するなど、活動の場をひろげている。マイク・タイソンとは、実際のところどのような人物なのだろうか。答えを探すため、私たちはラスベガスの丘の上にある、彼の豪華な自宅を訪ねた。

 すべて理由があった

 GQ:人生を振り返り、プロボクサーとは違う職業を選びたいと思ったことはありますか。

 マイク・タイソン(以下:MT):いいえ。すべては理由があって起きたことです。もし私がどこかで違う選択をしていたら、きっといま、インタビューを受けていなかったでしょう。

 GQ:あなたは以前、人が持つあなたのイメージをあまり好きではないと言っていました。マイク・タイソンという男のどの部分が、理解されていないと思いますか?

写真ギャラリー