産経ニュース for mobile

なぜ?当然? アカデミー賞6冠「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が高評価を受けたこれだけの理由

記事詳細

なぜ?当然? アカデミー賞6冠「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が高評価を受けたこれだけの理由

GQ JAPAN 更新

 今年のアカデミー賞で最多6部門を受賞した「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。撮影したフィルムは480時間分に及んだ。そのうちの478時間分を捨てた編集担当、独特の世界観を具現化した美術・装置担当、爆音と繊細な音を調和させた録音担当と、大作を傑作へと昇華させた原動力は、難航を極めた製作過程でもへこたれなかったスタッフの力だった。

<< 下に続く >>

 Text: Masako Iwasaki

※その他の画像はこちら

 2月28日夜(米国時間)、第88回アカデミー賞授賞式が開催され、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が衣装デザイン賞、美術賞、メイク・ヘアスタイリング賞、編集賞、音響編集賞、録音賞の最多6部門を受賞した。派手なバトルと演出に目を奪われがちだが、細部にまでこだわり抜かれた会心の作品であることが証明されたと言ってよいだろう。

 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、単に「マッドマックスシリーズ27年ぶりの最新作」という枕詞で括りきることができないほど、紆余曲折を経て完成に至った作品だ。

 監督のジョージ・ミラーが4作目の着想を得たのは1998年。争いの主目的を、それまでの「油(ガソリン)」から「人間」にシフトさせて脚本を書き上げ、2001年には撮影をスタートさせた。しかし、9.11のテロで米ドルが暴落。米ドルで調達した製作費を豪ドルで支払っていたため、25%に及んだ為替の差で大打撃を被り、製作を中止せざるを得ない事態に追い込まれた。

 2003年には、スタジオを20世紀フォックスからワーナー・ブラザースに変えてプロジェクトが再開されるも、イラク戦争による世界情勢の不安定感を背景に、米国から大量の撮影機材を持ち出すことが難しくなってしまう。豪ドルの高騰もあり予算を十分に確保できず、映画の製作そのものが暗礁に乗り上げてしまった。

 さらにメル・ギブソンの舌禍とスキャンダル、新マックスとして白羽の矢を立てていたヒース・レジャーの急逝など、キャスティングも難航を極めた。結局、トム・ハーディがマックス役に決定したのは2009年になってからだった。

 それでも試練はまだまだ続いた。

 2011年、撮影予定地のオーストラリア・ブロークンヒルにまさかの大雨が降った。荒野だった土地には池ができ、美しい花が咲き乱れてしまうという予想外のアクシデントに見舞われたのだ。シャーリーズ・セロン演じるフュリオサが命をかけて目指す「緑の地」が、そこら中に存在しては作品が成り立たない。ロケ地はアフリカ・ナミビアのナミブ砂漠に変更された。

 撮影は2012年7月から約5カ月に渡って行われた。オーストラリアでの追加撮影分も加えると、フィルムの総数は480時間にも及んだ。そのすべてを観るには3カ月もの時間を要したという。編集を担当したのはジョージ・ミラー監督の妻、マーガレット・シクセル。ミラーが撮りためた渾身の映像を、480時間を費やして精査し、その上で478時間分を切り落とすという豪腕を振るえたのは、妻だからこそだろう。その労苦は編集賞の受賞で報われたのではないか。

写真ギャラリー