PR

NHK放送総局長「審議に協力していきたい」 BPO審議入り受け

PR

 家族や友人をレンタルする代行ビジネスを取り上げたNHKの国際放送向けサービスのドキュメンタリー番組「Inside Lens」をめぐり、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が審議入りを決めたことを受け、NHKの木田幸紀放送総局長は18日、「今後の審議に協力していきたい」と述べた。

 NHKでは問題発覚以降、再発防止策を策定し、勉強会や研修を実施している。木田氏は「今回の放送事案を受けて放送現場には事実確認の強化など、再発防止を徹底するよう指示している。再発防止策を着実に実施していきたい」と強調した。

 問題となったドキュメンタリー番組は昨年11月に国際放送「NHKワールド JAPAN」で放送。国内外で活動するフリーのディレクターが企画を提案し、NHKエンタープライズが制作した。

 家族や友人をレンタルする代行ビジネスが日本で支持されていることを紹介したが、利用客として登場した男女3人は実際には客ではなく、レンタルサービス会社が用意したスタッフだったという。

この記事を共有する

おすすめ情報