PR

NHK会長、N国の国政議席獲得「民意の一つ」

PR

NHK放送センター=東京都渋谷区
NHK放送センター=東京都渋谷区

 NHKの上田良一会長は5日の記者会見で、7月の参院選で「NHKから国民を守る党」が議席を獲得したことについて、「選挙によって示された民意の一つと受け止め、引き続き公共放送の役割や、それを支える受信料制度の意義について、視聴者、国民の皆さんにしっかり説明していきたいと考えている」と述べた。

 同党は、受信料を支払った人だけがNHKの放送を見られるようにする「スクランブル化」を公約として掲げている。

 これに対し、上田会長は「受信料によって支えられているNHKが国民の知る権利に応えていくために、さまざまな情報や多様な視点を提供していくことは、健全な民主主義の発達や多様性のある社会を築くために必要なものではないかと認識している」とNHKの役割を説明し、「受信料はNHKの事業を維持・運営するための特殊な負担金で、放送の対価としていただいているわけではない」と考えを示した。

 そのうえで、スクランブル化に関し、「スクランブル化し、受信料を支払わない方に放送番組を視聴できないようにする方法は、NHKに求められている公共の役割と相いれないと考えている。主な海外の公共放送もこうした方式を採用しているところはないと認識している。将来的な議論に対してはこのような立場を説明していきたい」と話した。

この記事を共有する

おすすめ情報