産経ニュース for mobile

極太アイラインそのままブルゾンちえみ完走 嵐・櫻井翔「見事な走り」

記事詳細

極太アイラインそのままブルゾンちえみ完走 嵐・櫻井翔「見事な走り」

更新
24時間テレビ40「愛は地球を救う」のチャリティーマラソンを完走して日本武道館に到着、ゴールイン直後に涙ぐむブルゾンちえみ (撮影・佐藤雄彦) 1/1枚

 お笑いタレント、ブルゾンちえみ(27)が27日、日本テレビ系「24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~」の90キロチャリティーマラソンに挑み、午後8時48分に東京・日本武道館にゴールした。(サンケイスポーツ)

<< 下に続く >>

 中学、高校時代に陸上部だったブルゾンは、異例のランナー当日発表をものともせず、番組放送中に23時間55分で完走。汗と涙で真っ赤なルージュこそ落ちたものの、極太アイラインは保ったまま走りきり、「いい経験になりました」と充実の表情。メインパーソナリティーの嵐・櫻井翔(35)も「見事な走りだった」とたたえた。

 スタート前に明かしていた「走っている姿を見せたい人」は高校時代の恩師の娘だった。高校3年のときに第1志望の大学受験に失敗した際、励ましてくれた陸上部の顧問に、今年6月に地元・岡山で開催されたライブで再会。その際にお笑い好きの恩師の娘ががんと知り、挑戦を決意。完走後は「何か力になればうれしい」と涙していた。