産経ニュース for mobile

BPO、自転車事故扱ったフジ番組 「放送倫理上問題あり」 人権侵害は認めず

記事詳細

BPO、自転車事故扱ったフジ番組 「放送倫理上問題あり」 人権侵害は認めず

更新

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会(委員長・坂井真弁護士)は16日、自転車事故を取り上げたフジテレビ系バラエティー番組について、「放送倫理上の問題がある」とする見解をまとめた。一方、番組出演した死亡事故の被害者遺族に対する人権侵害は認めなかった。

<< 下に続く >>

 番組は昨年2月17日放送の「カスペ!『あなたの知るかもしれない世界6』」。企画コーナーで自転車事故の問題を取り上げ、ある事故で母を亡くした男性がインタビューに答えた。その後、別の自転車事故を扱ったドラマを放送。事故でけがをした小学生が実は「当たり屋」だったとする内容をコミカルに描いた。

 インタビューに応じた男性は、取材時にドラマで当たり屋を扱うといった説明がなかったと主張。「自分が『当たり屋と似たようなものだ』との誤解を視聴者に与えかねない」と訴えていた。

 委員会は見解で、「フジは男性に、番組の趣旨や取材意図を十分に説明したとはいえない」として、放送倫理上の問題を指摘。一方、人権侵害については「インタビュー場面とドラマ部分は区別され、関係がないため、一般視聴者に男性が当たり屋であるかのような誤解を与えるとはいえない」と、認めなかった。

 主な出演交渉や取材は制作会社が担当していたため、委員会は、フジが制作会社にも見解の内容を周知し、再発防止に向けて配慮するよう要望した。

 フジテレビは「決定を真摯に受け止め、今後の番組制作に生かして参ります」とコメントした。