産経ニュース for mobile

【SMAP解散協議】心理専門家がSMAP生謝罪バッサリ! 中居は「納得いかない状態」

記事詳細

心理専門家がSMAP生謝罪バッサリ! 中居は「納得いかない状態」

SMAP解散協議更新

 分裂、解散危機騒動に揺れたSMAPが18日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」に緊急生出演し、グループの存続を宣言したが、パフォーマンス学の権威で、日大芸術学部教授の佐藤綾子氏(69)は5人の前途多難さを読み解いた。約3分に及ぶ“謝罪会見”について「世相に対する応急処置のような印象。一致団結して再出発するという感じは見られない」と分析した。(サンケイスポーツ)

<< 下に続く >>

 識者が、番組での5人の表情や動作から心理状態を分析した。

 冒頭で黒いスーツ姿で登場した5人。時間は約3分と短かったが、佐藤氏は「適応動作が多く、いろいろなことが読み取れる」と指摘する。

 当初から残留を決意していた木村拓哉(43)は前を見据え、独立に動いた4人は伏し目がちで謝罪の言葉を述べたが、「全員が顔の表情筋の動きを止めた状態で言葉だけを出している。これは大きなストレスを感じ、緊張感に覆われて心にゆとりがない状態。まばたきが多いのは落ち着きがない証拠で、話す速度も通常の半分ほどに落ち、伝える力が弱くなっている」と解説する。

 さらに、話した順番に1人ずつ読み解く。

 木村拓哉 話をしている最中にフーッと息をもらしたり、舌なめずりをしていました。これは、極度の緊張状態の表れです。

 稲垣吾郎(42) 眉間にしわを寄せる姿が印象的でしたが、皺眉(しゅうび)筋が動くのは、怒りがこみ上げたときか、困惑しているときです。稲垣さんの場合は後者だと思います。

 香取慎吾(38) 何度も腕を組み替えていました。また、言葉に詰まることがありましたが、この動作がでるときは、不安があるときです。

 中居正広(43) 左手で右手をつねるしぐさを何度かしていました。この動作は、現実に起きていることに対してシックリきていない、納得いかない状態です。

 草なぎ剛(41) 眼球が良く動いていましたが、これは神経が張り詰めている証拠。「5人でここに集まれたことを安心している」と話していましたが、この言葉は「5人が集まれないんじゃないか」と思っていた感情の表れです。今後の5人での活動まで視野が向いていない。

 佐藤氏は、そう分析した。続けて「グループ存続に対する気持ちに温度差を感じる。木村さんは納得しているが、ほかの4人は納得しようとしている状況。全員そろって再出発という感じは見受けられなかった」とキッパリ。まだまだ溝は深いのかもしれない。