PR

データスコープ、株式会社システムジャパンと業務提携~画像解析と非接触型マイクロ波センサーで新たなソリューションを共同開発~

PR

株式会社 データスコープ

 2022年2月1日、株式会社データスコープ(東京都中央区、代表取締役:内田次郎。以下、「D-Scope」)およびシステムジャパン(東京都中央区、代表取締役:七里芳輝。以下、「システムジャパン」)が業務提携を発表。D-Scopeの温度検知および画像解析技術と、システムジャパンのマイクロ波バイタルセンサー技術を掛け合わせ、介護施設等に向けた非接触型の見守りソリューションや、旅客運送業に向けたドライバーのためのバイタル支援システムの共同開発を開始。協業第一弾として、システムジャパンの非接触バイタルセンサー「レガーメ」をD-Scopeにて取扱開始。D-Scopeの販売網を活用し、日本全国の介護系施設や更生保護施設、旅客運送業などへの展開を進める。

■ 協業の背景(D-Scope 取締役会長 原口信克)

 2036年には、日本の総人口の約3人に1人が高齢者となることが見込まれています。一方、日本の出生率は依然として1.4%前後を推移しており、老老介護や人材不足により、介護従事者1人の負荷が高まることが予想されます。また、感染症拡大に伴い、非接触や遠隔での介護に対する需要が高まっています。こうした状況をふまえ、「Capture Better World」を企業ビジョンとして掲げるD-Scopeは、介護従事者への負荷を軽減するソリューションを提供すべく、技術開発を検討してきました。

 マイクロ波センサーの領域で確かな実績を持つシステムジャパンと組むことで、D-Scopeが持つ画像解析技術やパートナーシップとの連携により、介護業界や保育業界、旅客運送業界などへ向けた新たなサービス展開を進めて行きます。

レガーメについて

 システムジャパンが開発した、非接触型マイクロ波バイタルセンサー。同センサーは、総務省プログラムSCOPEにおける採用実績や、東京都の地域未来投資促進法に基づく地域経済牽引事業計画の承認取得(2020年)、医学書院(2019年)や文光堂(2019年)発行書籍において紹介実績を有する。安全な周波数帯を用いたドップラーセンサー内蔵で、脈拍・呼吸数・体動を検知。各台に付属するミニモニターで検知状況を即時確認できるほか、集合管理アプリケーション(Windows版)でセンサ複数台を一括モニタリングし、特定の閾値を超えた場合にアラートで通知する機能を装備。センサーの大きさは175mm(幅)×125mm(奥行)×25mm(高さ)で、ベッドヘッドやベッドマットレス下および天井に設置して使用する。

 センサーとミニモニターがセット  スマートフォンによる確認やPC一括管理が可能

■ 企業概要

株式会社システムジャパン

 2015年に創業した、IoTセンサおよびRFIDシステムの設計開発を行う企業。

 非接触型マイクロ波センサーは独自のアルゴリズムで振動の中でも呼吸、脈拍が取れる技術を

 確立。またRFIDではHF帯の特殊アンテナの技術を持っている。現在、国立大学法人東京大学とも共同開発を行なっている。

https://www.systemjp.com/

 〒104-0033 東京都中央区新川1-14-8 菊池ビル3階

 TEL:03-6661-2630 MAIL:info@systemjp.com

株式会社データスコープ

 2018年11月に設立された画像認識とディープラーニングの研究・開発を行う企業。

 創業間もないベンチャー企業でありながら、長年、画像認識とディープラーニングの研究・開発を行ってきたエンジニアと、上場会社の取締役を歴任してきた経営陣によって設立。

 画像認識に関わるソフトウェアの開発を行いながら、合弁会社を共同で設立した台湾の鴻海集団、中国上海のNSTKInc、香港のPioneer Technologyが持つカメラやAI、セキュリティ関連技術を応用した装置やシステムを日本国内、米国、東南アジア諸国、韓国などに、「D-Scope」ブランドのもと販売を手掛ける。

https://datascope.co.jp/

 〒103-0007東京都中央区日本橋浜町2-19-9 VCTビル4階

 TEL:03-6661-6991 MAIL: info@datascope.co.jp

この記事を共有する

おすすめ情報