PR

米テスラ、トヨタ抜き首位 時価総額22兆円、新旧交代

PR

 米テスラの販売店=2017年9月、カリフォルニア州サニーベール(共同)
 米テスラの販売店=2017年9月、カリフォルニア州サニーベール(共同)

 【ワシントン=塩原永久】米電気自動車(EV)大手テスラの時価総額が1日、トヨタ自動車を抜いて自動車メーカーで世界首位となった。EV市場の拡大を背景にテスラへの成長期待が高まり、株価は過去1年で5倍に値上がりした。

 テスラ株はこの日、一時約5%上昇し、史上最高値を更新。時価総額は2094億ドル(約22兆5千億円)に達した。トヨタは日本市場の1日終値ベースで21兆7185億円だった。テスラの時価総額は1月に独フォルクスワーゲンを抜き、世界2位となっていた。

 ただ、市場ではテスラ株の過熱感を指摘する声もある。テスラの昨年の世界販売台数は約37万台とトヨタの30分の1程度に過ぎず、将来の成長性を見込んだ投資マネーの流入が株価を押し上げているようだ。

 イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は米新興企業を代表する型破りな手腕で知られる。マスク氏が創業した米スペースXは5月に有人宇宙船を打ち上げ、民間企業で初めて国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングさせた。

この記事を共有する

おすすめ情報