PR

2500万人にデジタル技術の習得支援 米マイクロソフト、求人増の職種向け

PR

 米マイクロソフト(MS)は6月30日、年末までに世界中で2500万人を対象に、デジタル技術の習得を支援する取り組みを行うと発表した。新型コロナウイルスの影響で失業者が急増する中、求人数が増え、賃金も高いソフトウエア開発者など10の職種への就労を支援する。MSのITサービス利用者を増やす狙いもある。

 利用者はオンライン授業を無料で受講し、MSの資格試験を低価格で受けられる。

 10の職種はほかに、IT管理者やデジタルマーケティング、データアナリスト、グラフィックデザイナーなど。傘下のビジネス向け交流サイト大手リンクトインのデータを活用して選んだ。

 MSによると、新型コロナで2020年に世界の失業者は25億人に達する可能性がある。デジタル変革が加速した一方で、技術を持つ人材が不足している。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報