PR

経済下押しのリスクに注意 「第2波」懸念で日銀総裁

PR

日銀・黒田東彦総裁=国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
日銀・黒田東彦総裁=国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 日銀の黒田東彦総裁は26日、新型コロナウイルスの世界的流行について「最近では第2波への懸念もみられ、経済を大きく下押しするリスクに注意が必要だ」と述べた。米ハーバード・ロースクールなどがインターネット上で開いたイベントで発言した。

 黒田氏は「1990年代の金融危機後に、長期間にわたって企業行動が慎重化した経験がある」と説明し、コロナ収束後も企業や家計の支出が戻らない可能性があると指摘した。

 コロナの影響が長引いた場合などは「必要があれば中央銀行としてあらゆる手段をちゅうちょなく講じる」と追加金融緩和を辞さない考えを示した。

この記事を共有する

おすすめ情報