PR

インド復帰を引き続き追求 RCEP、年内署名を確認

PR

 日本や中国、韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の閣僚会合が23日、テレビ会議形式で開かれた。撤退を示唆したインドは欠席したが、出席の15カ国はインドの交渉復帰を引き続き追求することで一致。昨年11月の首脳会合で示した2020年内の協定署名を目指す方針も再確認した。

 会合後に公表した15カ国の共同声明では「インドはRCEP交渉の重要な参加国」と指摘。インドの参加は地域の発展につながるとし「RCEPはインド(の交渉復帰)に引き続き開かれている」とアピールした。

 閣僚会合は昨年11月以来、約7カ月ぶりで、日本からは梶山弘志経済産業相が出席した。梶山氏は開催に先立つ23日の記者会見で「インドの交渉復帰と(RCEPの)年内署名に向けて、日本が引き続き主導的な役割を果たしていきたい」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報