PR

TPP加盟意向を再度表明 英、経済再建へ通商の柱に

PR

ジョンソン英首相(PA通信=AP)
ジョンソン英首相(PA通信=AP)

 英政府は17日、日本などが参加する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加盟を目指す意向を改めて表明した。新型コロナウイルス感染症流行で打撃を受けた経済の立て直しに向け、欧州連合(EU)離脱後の独自の通商戦略の柱に位置付ける。

 タイなどもTPPへの参加を目指す中、英政府は早期加盟に向け、日本やオーストラリア、ニュージーランドといった参加国との協議を急ぐ。

 これとは別に、英政府は日本と9日、新たな貿易協定の交渉を開始。英政府は自由貿易協定(FTA)に向けた交渉と位置付けている。

 英政府は声明で、TPP加盟の目的について「新型コロナがもたらす前例のない課題を克服するための貿易や投資の機会拡大を確保する」と説明。TPP参加国との貿易を望む企業や投資家のため、英国を世界的な中心地に位置付けることを目指すと訴えた。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報