PR

中国、工業生産2カ月連続プラス 回復力に陰りも

PR

 【北京=三塚聖平】中国国家統計局が15日発表した5月の主要経済統計によると、工業生産は前年同月比4・4%増だった。2カ月連続で前年実績を上回ったものの、これまでと比べて回復の勢いに陰りがみられた面もある。世界的な新型コロナウイルス流行の影響を受け、輸出受注の低迷が響いたとみられる。消費や投資の回復も遅れており、中国政府は景気下支えの姿勢を鮮明にしている。

 工業生産は4月に3・9%増で、4カ月ぶりに前年実績を上回っていた。5月は自動車やパソコンなどが20%前後の増加を見せて全体を牽引(けんいん)し、プラス幅を広げた。ただ、前月から伸び率を縮小させた製品も目立ち、統計局は「一部の業種や製品は回復力が若干弱まっている」と分析した。

 一方、消費動向を示す小売売上高は2・8%減と、4月(7・5%減)からは持ち直したがマイナスが続く。飲食収入は18・9%減と4月からは改善したが、依然大幅な落ち込みだった。5月下旬に開かれた全国人民代表大会(全人代)では、消費喚起に重点を置いた政策が打ち出されており、政府主導の消費回復が順調に進むか注視される。

 企業の設備投資を含む固定資産投資は、1~5月の累計で前年同期比6・3%減。1~4月(10・3%減)からは回復したもののマイナスが続いている。道路や鉄道などのインフラ投資は6・3%減だった。

 生産、消費、投資の主要経済統計は、新型コロナ直撃を受けて1~2月に軒並み初のマイナスに転落した。中国政府は当初、景気の「V字回復」を目指していたが、世界経済の悪化を受けて回復が思うように進んでいない。統計局は「経済はまだ正常な水準に戻っていない」と指摘。首都・北京での感染拡大も景気回復への懸念材料になる。

この記事を共有する

おすすめ情報