PR

新宿御苑など訪日客呼び込み強化 来年度予算1・6億円 桜や紅葉ライトアップ

PR

 環境省は新宿御苑(東京都新宿区)や皇居外苑(千代田区)に多くの外国人観光客を呼び込むため、20日に閣議決定する予定の令和2年度予算案に1億6千万円を新規に計上する方針を固めた。桜や紅葉の時期に合わせた夜間のライトアップや入園料のキャッシュレス決済の導入をはかる。

 新宿御苑は、敷地内の日本庭園などが外国人観光客に好評で、3月に入園料を大人200円から500円に値上げしたにもかかわらず、今年1~11月の入園者数は前年同期比5・3%増の約232万人だった。

 新宿御苑は環境省が所管し、毎年4月に首相主催の「桜を見る会」が開かれている。

この記事を共有する

おすすめ情報