PR

【税制大綱】小粒な印象、減税寄りの改正 大和総研研究員 是枝俊悟氏

PR

 今回の税制改正大綱は、少額投資非課税制度(NISA)の新制度の方向性が示されたことと、長期積立枠「つみたてNISA」の期限延長について評価できる。「個人の資産形成は重要である」という、政府の強いメッセージが込められている。

 ただ、消費税増税の直後ということもあり、暮らしにすぐ反映される項目はなく、小粒な印象だ。全体として、減税寄りの改正だった。ベンチャー投資を促す税制など、企業優遇ではないかという批判も上がるかもしれないが、景気後退が懸念される足元の情勢の中では仕方ないだろう。

この記事を共有する

おすすめ情報