PR

米ペット関連企業の株売却 ソフトバンク再び投資失敗

PR

ソフトバンクのロゴ(ロイター)
ソフトバンクのロゴ(ロイター)

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は9日、ソフトバンクグループ傘下のファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が米国でペット関連サービスを手掛けるワグの株式を同社に売却することで合意したと報じた。2018年に3億ドル(約330億円)を出資していた。

 ソフトバンクの投資を巡っては、共有オフィス「ウィーワーク」の運営会社の米ウィーカンパニーが収益性などに疑念を持たれ、上場延期に追い込まれた。同紙はワグ株の売却について「日本の巨大投資会社によるもう一つの失望」と伝えた。

 ワグは犬の散歩代行サービスを展開しているが、事業が低迷し、人員削減を進めていた。ワグ首脳は9日、社員に「ソフトバンクと友好的に決別した」と述べた。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報