PR

英国産ビーフ輸入解禁、いよいよ上陸再開 プリンスホテルでフェア

PR

フェアのオープニングセレモニーで提供された英国産牛肉のローストビーフ=2019年10月30日、東京・高輪のグランドプリンスホテル高輪
フェアのオープニングセレモニーで提供された英国産牛肉のローストビーフ=2019年10月30日、東京・高輪のグランドプリンスホテル高輪
その他の写真を見る(1/3枚)

 英国産牛肉の日本輸入再開決定から10カ月、ようやく日本での本格的な流通が始まる。それに合わせて、プリンスホテルは駐日英国大使館の後援で、英国の食や文化の魅力を発信する「Timeless U.K.-BRITISH FAIR 2019-」を今月から開催している。東京都内の7つのプリンスホテルの各レストランで、英国産牛肉のローストビーフなどの英国メニューやセミナー、ミュージックライブが楽しめる。12月25日まで。

 英国メニューでは、グランドプリンスホテル高輪「ル・トリアノン」で11月28、29の両日、英国のシェフによるオリジナルのディナーを提供する。プリンスホテルの子会社が9月にロンドンにオープンした高級ブランド1号店「The Prince Akatoki London」のシェフが腕を振るう。

 英国といえば、映画「007シリーズ」で活躍するジェームズ・ボンドが日本でも人気だが、ザ・プリンス パークタワー東京「ロビーラウンジ」では、イアン・フレミングの原作をヒントに再現したボンド流の朝食を提供している。

 このほか、英国で人気のジンと原料のジュニパーベリーのソースで味わうビーフのコースディナー▽英国大使館公邸のレシピを加えた英国風の朝食▽塩釜で焼き上げたローストビーフのランチ-など盛りだくさんのメニューとなっている。

 一方、カルチャーイベントでは、アフタヌーンティー、英国紳士流スタイル、スコッチウイスキー、英国旅行の4つのテーマで、日本にも浸透する英国起源の文化を学ぶセミナーを開催。英国の音楽を愛する多彩なDJによるミュージックライブ「FUNKY VIBES UK」を行う。

 英国産牛肉は牛海綿状脳症(BSE)問題で1996年に日本への輸入が禁止されたが、今年1月のロンドンでの日英首脳会談で23年ぶりに再開が決まった。英国の肉牛は牧草で飼育され、穀物飼育に比べて食肉中の不飽和脂肪酸(オメガ3)の含有レベルが高く、健康によいといわれる。

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)の期間中、英環境・食糧・農村地域省と駐日英国大使館は試合会場のある札幌、神戸、東京の3カ所で「Food is GREAT」のイベントを開催。10月中旬に東京で行われた際も盛況で、英国産牛肉のローストビーフが試食に出され、好評だった。

 フェアの詳細は、特設サイト(www.princehotels.co.jp/tokyocityarea/british_fair2019/)で。

この記事を共有する

おすすめ情報