PR

ファーウェイ製品禁止へ 米通信委、11月に採決

PR

展示会に出展したファーウェイのブース=9月6日、ドイツのベルリン(ロイター)
展示会に出展したファーウェイのブース=9月6日、ドイツのベルリン(ロイター)

 米国内の放送通信事業の規制監督を行う連邦通信委員会(FCC)は28日、国内の通信会社に対して、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品を使わないよう求める採決を11月19日に行うと発表した。政府の補助金を受ける業者に両社製品の使用を禁止する。

 安全保障上の脅威を理由に挙げ、新規調達だけでなく、既存の通信設備でも交換を求め、製品排除を促す。

 パイ委員長は声明で、中国企業は国家の情報活動や捜査に協力しなければならないことを指摘。スパイ活動などに使われることを警戒し「米国の通信網が安全保障を損なうことになってはならない」と強調した。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報