PR

ネットでバイトを探す主婦は5割 派遣・単発バイトなど登録型の利用者も多く、学生・シニアを上回る【アルバイト探しに利用した情報源に関する調査・主婦編】

PR

株式会社ツナググループ・ホールディングス

 多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所(https://tsuna-ken.com/ 株式会社ツナググループ・ホールディングス/本社:東京都千代田区/代表取締役社長:米田光宏)」は、2年以内にアルバイト・パートとして仕事探しを経験した主婦を対象に、アルバイト・パート探しを行った際、最も利用・参考にした情報源について調査しました。2015年と比較した結果を報告します。

2019年アルバイト探しに利用した情報源に関する調査・主婦編

調査結果 トピックス

 1.仕事探しのWEB化・アプリ化が進む。ネット媒体で探す主婦は5割

 2.派遣・単発バイトなど登録型の利用者も多く、学生・シニアを上回る

調査結果 概要

 インターネット(求人情報サイトやアプリ、SNS、求人おまとめサイトなど)でバイトを探す主婦は、2015年の38.9%から2019年は49.8%へ増加。10.9ポイントアップし、約5割の人がネットで仕事を探していることがわかった【図1】。

アルバイト探しの際に最も利用した情報源

 インターネット利用者の中でさらにスコアの詳細をみてみると、アプリで求人情報を探す人が2015年15.1%から2019年34.5%へ大幅増(+19.4ポイント)。求人情報サイトで探す人は2015年56.6%から2019年39.7%(-16.9ポイント)。求人情報サイトよりアプリで仕事を探す傾向が強まっている。アプリはスマホで手軽にアクセスでき、働きたい勤務地や時給など条件の保存も可能。利便性の高さもあり、利用比率が高まっている【図2】。

アルバイト探しの際に最も利用した情報源(インターネット内比率)

 今回の調査より選択肢として加えた、派遣や単発バイトなど登録型で仕事を探す主婦は6.9%で、学生やシニアと比べ、利用率が高いのも特徴。主婦のバイト探しにおいては、子どもの行事や習い事などで、長期のバイトはできないが、時間が空いたときに単発で働きたいという希望に合致しやすい、登録型サービスが活用されている様子がうかがえる。

調査概要

 調査期間:2019/4/19~2019/4/25

 調査対象:業種を問わずアルバイト・パートとして求職経験が2年以内にある

 求職者または現就業者1000人

 学生:高校生/専門学校生・短大生/大学生・大学院生149人

 主婦:既婚女性233人

 シニア:60代男女167人

 調査方法:インターネットによるアンケート

■ツナグ働き方研究所とは...

 アルバイト・パート専門の人材コンサルティング会社、株式会社ツナググループ・ホールディングスを母体とする「多様な働き方」の調査研究機関。少子高齢化による労働力人口の構造変化やIT技術の進化、グローバル化による産業構造変化が加速する中、ますます広がりを見せるアルバイト・パートを中心とした多様な労働市場において、「個人の価値観が尊重される働き方」「現場の人材が最も輝く働き方」「21世紀をリードする多様な働き方」をテーマに、調査・研究・開発に取り組む。

ツナグ働き方研究所 所長 平賀充記

 所長である平賀充記(ひらがあつのり)は、リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)にて、FromA、タウンワーク、とらばーゆ、ガテン、はたらいくなど、リクルートの主要求人メディア編集長を歴任。30年以上にわたり「職場の若者」を見続けてきた経験を持つ、「若者の働き方研究の第一人者」として活動している。

 ■過去の調査、リリース(一部)は以下に公開しております。

 【2019年アルバイト探しに利用した情報源に関する調査】

 ネットでバイトを探す人が約6割!単発型バイト・人材派遣でバイト探しも約1割

https://tsuna-ken.com/report/20191016_1880.html

 【2019年アルバイト探しに利用した情報源に関する調査・学生編】

 学生の8割はバイトをネットで見つける!「ネットで探すならアプリ」という人も4年で倍増

https://tsuna-ken.com/report/20191018_1876.html

 【2019年アルバイト採用ブランド力調査】

 業界別では100円均一が、ブランド別ではセリアがトップ

https://tsuna-ken.com/report/20190904_1840.html

この記事を共有する

おすすめ情報