PR

「SIPワークショップ2019」公開ワークショップ開催のご案内

PR

内閣府

 令和元年11月13日(水)に東京ドームシティ プリズムホールにてSIP第2期全12課題のうち4課題についてのワークショップを開催致します。

 SIPワークショップ2019

 「ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術」

 「フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」

 「スマートバイオ産業・農業基盤技術」

 「スマート物流サービス」

 の開催について

 SIP(戦略的イノベーション創造プログラム https://sip2019.go.jp)は、

 国民生活と日本の経済・産業力にとって重要な課題を基礎研究から実用化・事業化までを見据え、

 一気通貫の研究開発を推進することで科学技術・イノベーションとSociety 5.0の実現を目指す国家プロジェクトです。

 2018年度からSIP第2期全12課題がスタートし、

 その中の4つの課題

 「ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術」

 「フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」

 「スマートバイオ産業・農業基盤技術」

 「スマート物流サービス」

 について令和元年11月13日(水)に公開ワークショップを行います。

開催概要

 日 時:令和元年11月13日(水) 10:00~12:00、15:00~18:00

 会 場:東京ドームシティ プリズムホール

 (東京都文京区後楽1-3-61)

 参加費:無料

 主 催:内閣府

 午前は、次世代バイオ産業・農業における「食」のサステナビリティをテーマとした

 『スマートバイオ産業・農業基盤技術』と、個社・業界の垣根を越えた「物流・商流データ基盤」の構築と活用による、抜本的な物流・商流の効率化と新たな付加価値創造をテーマとした

 『スマート物流サービス』のワークショップを行います。

 午後は、Society5.0実現のためのSIPサイバー・フィジカル技術をテーマに

 『ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術』、『フィジカル空間デジタルデータ処理基盤』の

 2つの課題合同でワークショップを行います。

プログラム

『スマートバイオ産業・農業基盤技術』10:00~12:00

 会場:ルームA 定員:200名

 10:00 -10:05 開会

 10:05 -10:20 【次世代バイオ産業・農業における「食」のサステナビリティ】

 10:20 -10:30 WAGRI が実現するスマートフードシステム

 10:30 -10:40 農作物の品種改良に向けたゲノム編集技術の開発

 10:40 -10:50 アグリ/ バイオ技術による新たな資源循環サイクル

 10:50 -11:00 デジタルと微生物利用による新しい農業

 11:00 -11:30 パネルディスカッション

 11:30 -12:00 ワークショップ形式質疑応答

 12:00  閉会

『スマート物流サービス』10:00~11:30

 会場:ルームB 定員:200名

 10:00~10:05 開会

 10:05~10:40 SIP「スマート物流サービス」の狙い

 10:40~10:50 休憩

 10:50~11:30 パネルディスカッション

 11:30  閉会

『ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術』

 『フィジカル空間デジタルデータ処理基盤』(合同開催) 15:00~18:00

 会場:ルームA(メイン会場)、ルームB(サテライト会場) 定員:400名

 15:00 -15:05 開会

 15:05 -15:15 基調講演

 15:15 -16:50 パネルディスカッション

 16:50 -17:00 休憩

 17:00 -17:55 プログラムディレクターディスカッション

 18:00   閉会

一般参加の申込方法

 下記URLのワークショップ2019特設サイトの各課題ワークショップ情報にある

 申込フォームよりお申込みをお願いします。

https://www8.cao.go.jp/cstp/idou/20191011sipsympo.html

取材について

 上記の一般参加と同様の方法でお申込みをお願いいたします。

 なお、入力の際、業種欄で「報道機関」を選択下ください。

この記事を共有する

おすすめ情報