PR

【イベントご取材のご案内】「ソトアソビ」で広がる“自転車の世界”を体感できる3日間!CYCLE MODE international 2019 開催

PR

サイクルモード実行委員会

 2019年11月2日(土)~4日(月・休)@幕張メッセ 国際展示場9~11ホール

 拝啓 貴社益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。また、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。サイクルモード実行委員会は、今年で15年目を迎える日本最大級のスポーツ自転車フェスティバル「CYCLE MODE international 2019」を11月2日(土)から4日(月・休)までの3日間、幕張メッセにて開催いたします。

 今年も会場内にはロードバイクやクロスバイク、スポーツe-BIKE、マウンテンバイク、ミニベロなど世界中で人気のスポーツ自転車ブランドの完成車から、ヘルメットやウェアなどの周辺グッズの最新モデルが勢ぞろい!ハイエンドなものから気軽に楽しめるモデルまで幅広く展示しており、1周約1kmのロング試乗コースで乗り心地を体感できます。さらに、世界的にも今注目の「e-sports」関連企画や、会場周辺道路を使用した本格ロードレース、キッズ自転車スクールなど様々なコンテンツを展開。自転車好きの方はもちろん、初心者の方やファミリーにもお楽しみいただける3日間となっています。

<今年のテーマは“ソトアソビ”!自転車を活用した新しいアウトドアスタイル>

 近年、アウトドア人口の増加に伴い、レース出場やサイクリングといった楽しみ方以外にも自転車旅やキャンプなど自転車の幅広い楽しみ方が注目を集めています。そうしたニーズに合わせて、今年は「ソトアソビ」をテーマに、MTBやグラベルロードといったオフロードバイクを試乗することができる「オフロードバイクエリア」と、キャンプ道具を自転車に積んでの旅とキャンプを楽しむ新たなスタイル「アウトドアMixエリア」を新設。自転車を使った新たなアウトドアスタイルを提案します。

<注目度上昇中の「スポーツe-BIKE」に関するエリアを今年も展開!>

 ヨーロッパを中心に人気を集め、国内でも続々と最新モデルがリリースされているe-BIKEは、高いデザイン性と乗り手や環境を選ばずに走れる性能で様々なアクテビティに活用することが可能となり、ユーザーの注目が集まっています。サイクルモードでは今年も最新のe-BIKE情報を発信する「SPORTS e-BIKE EXPO」を展開、その魅力を体感できるエリアとなっています。

ソトアソビを提案する2つのNEWエリアと人気のe-BIKEエリア

・オフロードバイクエリア

 欧米を中心に人気のオフロードバイクを展示・体験できる特設エリアが登場!MTBや電動アシストユニット搭載のe-MTBに加え、話題の新ジャンル・グラベルロードなどオフロードバイクが勢ぞろい!さらに、森の中や未舗装路をイメージしたオフロード専用試乗コースも設置し、性能を存分に体感できます!

・アウトドアMIXエリア

 自転車でキャンプ道具を運ぶことでライドとアウトドアを両方楽しむミックススタイルや、クルマにキャンプ道具やMTB・グラベルロードなど自転車を載せ、出先のアクテビティとして楽しむスタイルなど、自転車を使った新しいアウトドアスタイルを体感できる特設エリアです。

・SPORTS e-BIKE EXPO

 海外では、電動アシストユニットを搭載したロードバイクやMTB・ツーリングバイクなど幅広い車種が発売され人気を集めています。2015年から展開してきた特設展示エリア「SPORTS e-BIKE EXPO」では、国内外の最新モデルが勢ぞろい!スポーツ自転車の進化を体感しよう!

つきましては、貴媒体に当日のご取材を検討いただけますと幸いです。

 ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご臨席賜りますようお願い申し上げます。

 ※ご出席いただけます際は、添付PDFの最終ページ「ご出欠確認書」へ必要事項を明記の上、

 11月1日(金)までにご返送くださいますようお願い申し上げます。

会場内外から参加可能なバーチャルライド!「ZWIFT e-Sportイベント」

 国内で急速に市場が拡大しているe-sports関連の新企画がスタート!サイクルトレーナーを使い、バーチャルサイクリングができる人気急上昇中のサービス、ZWIFT(ズイフト)とサイクルモードがコラボ。ブース内には大型モニターと3台のZWIFT用バイクが設置され、「スプリント」と「グループライド」「レース観戦」と様々なお楽しみ要素を用意。スプリントはモード会場内のみのイベントで、200mのバーチャルコースでスプリントし、上位入賞者には後日景品を贈呈!グループライドは会場外からでもオンラインで参加できるバーチャルレースで、ズイフトアカウントを持つ人なら誰でも参加可能!そして、プロ選手も参加する「グループライド」も予定し、プロの走り間近で見るチャンス!あの別府史之選手(トレック・セガフレード)によるオリジナルワークアウトも!?ズイフトユーザーはぜひ参加してみよう。

■開催概要

 ・場所:ブース番号<9-28>

 ・スケジュール

 ○11/2(土)

 10:00~10:30 スプリントチャレンジ1.

 11:00~11:50 別府史之選手サイン・トーク

 12:00~12:30 グループワークアウト1. 別府史之選手

 14:00~15:00 スプリントチャレンジ2.

 16:15~16:45 グループライド1.

 ○11/3(日)

 10:00~11:00 スプリントチャレンジ3.

 11:30~12:00 グループライド2. 初山翔選手

 13:45~14:45 レースイベント

 15:30~16:30 スプリントチャレンジ4.

 ○11/4(月・休)

 10:00~11:00 スプリントチャレンジ5.

 13:30~14:30 スプリントチャレンジ6.

■各イベント紹介

<参加選手>岡 篤志、阿部 嵩之、初山 翔(写真左から) and more!

1.レースイベント

 Jプロ選手によるZwiftガチバトル!Zwiftの雄大な景色の中で繰り広げられる戦いを目の前で応援しよう。

2.グループワークアウト

 別府史之選手監修のZwiftオリジナルワークアウトメニューにみんなで参加しよう!会場では別府選手によるワークアウトの解説と実際のペダリングの様子を見ることが出来ます。イベント前にはZwiftブースで別府選手のサイン会も開催。イベントの参加はZwiftのコンパニオンアプリから行います。

<レース・イベント解説>栗村 修氏

3.グループライド

 プロ選手がライドリーダーを務める、Zwiftのグループライド!あの憧れの選手とZwiftの世界で一緒にサイクリングしよう。イベントの参加はZwiftのコンパニオンアプリから行います。会場では実際に選手たちのトークを聞きながらペダリングなども見ることが出来ます。

4.スプリントチャレンジ

 Zwift内にある200mのスプリントポイントで争うタイムアタックチャレンジ!誰でも気軽に参加できますので、トップタイム目指してチャレンジしよう。勝者にはZwiftのオリジナルグッズをプレゼント。

プロも参戦!本格自転車レースを開催!

■弱虫ペダル 幕張クロス in CYCLE MODE

 11月2日(土)~3日(日)の2日間は、幕張メッセに隣接する幕張海浜公園で、特設オフロードコースを疾走するUCI認定シクロクロスレース「弱虫ペダル幕張クロス in CYCLE MODE」を開催!ぬかるみやでこぼこ道、激坂などの障害物を、時には自転車を担ぎながら走り抜けます。大人気コミック「弱虫ペダル」の作者・渡辺航先生も参加する「弱虫ペダルサンデイライド」や、国内外のトッププロ選手も参加するサンセットレースなど、見どころ満載です!

●シクロクロスレースとは

 自転車で舗装路、草地、泥、砂、階段など様々なコンディションの路面を駆け抜けて、その速さを競うレースです。競技時間30~60分で、設定周回数を先にゴールした人が勝者となります。多様な種目がある

 自転車競技の中で、競技人口が増加傾向にあり、中でもヨーロッパにおいて人気のレースとなっています。

■第4回 JBCF 幕張新都心クリテリウム

 11月2日(土)に全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)が主催する周回ロードレース「第4回JBCF幕張新都心クリテリウム 」のコースは、サイクルモード会場に隣接した一般道!現役のプロや実業団所属の選手たちが、時速40km以上で目の前を疾走する姿は迫力満点!年間チャンピオンの座をかけて、多数の選手が繰り広げる熱戦を間近で見られる絶好のチャンス!

●クリテリウムとは

 市街地などで公道を交通規制して短い周回コースを作り、定められた周回数を最も早く駆け抜けた者が勝者となる自転車レース。町中をトップスピードで駆け抜ける自転車の迫力や選手を間近で見れるため、特に欧米で人気があり、国内でもレース数が増加傾向にあります。

全てが手造り!逸品ハンドメイド自転車が集まる!

■WORKING BIKE 2019

 東京サイクルデザイン専門学校の学生が手掛ける「働く自転車」をテーマとした企画展。6回目となる今年は、電動アシストユニットを搭載したe-BIKEの制作が学生に課されたもう1つのテーマ。彼らが考える働くことにマッチしたe-BIKEは果たしてどのような構想・設計を経て完成系に至るのか。構想から設計・組み立てに至るまで全てがハンドメイドのこれまでにないe-BIKEを見逃すな!

■ハンドメイドバイシクルコレクション

 魅力的なハンドメイド自転車を生み出し続ける名工と呼ばれるベテランから、新進気鋭の若手フレームビルダーまで、様々な志を具現化した、世界でオンリーワンの自転車を見ることができるエリアです。会場でしか見られない職人技の結晶をぜひご覧ください。

<サイクリストのためのセミナーや自治体に向けたシンポジウムも開講!>

アスリートワークショップ

 より速く、より強くなりたいアスリート志向のサイクリストを対象に実施するスキルアップセミナーです。効果的なトレーニング法や、より速く走るための効率的なペダリングなど、さらなるレベルアップを目指すサイクリスト達へ業界屈指の講師陣がその極意を伝授します。

■開催概要

 ・日時:11月3日(日) 12:30~16:30

 11月4日(月・休) 11:00~15:00

 ・場所:サイクルモード会場内アスリートワークショップ会場

 ・定員:60名

 ・料金:受講料1500円

 ・申込方法:サイクルモード公式HPから申込可能

 (Livepocketへの登録が必要(登録無料))

 ・詳細URL:http://www.cyclemode.net/athlete_workshop/

■セミナースケジュール

●11月3日(日)

1.「春までに強くなる!ペダリング劇的改善!!レースで勝つための実戦パワートレーニング」

 時間:12:30~13:30

 講師:中田尚志/Peaks Coaching Group

2.「ペダリング向上! 冬シーズンで一気にパフォーマンスアップするウエイトトレーニング講座」

 時間:14:00~15:00

 講師:旭大和/hood training

3.「俺の年齢は俺が決める!50歳はまだまだ伸び盛り!こうすれば着実に強くなる特別講座」

 時間:15:30~16:30

 講師:山崎敏正/シルベストサイクル統括店長

●11月4日(月・休)

 1.「宇都宮ブリッツェン直伝!数値の先にある“勝ち勘”を鍛える実戦トレーニング」

 時間:11:00~12:00

 講師:廣瀬佳正/元宇都宮ブリッツェン ゼネラルマネージャー

2.PBP挑戦の軌跡。“速く・遠く・そして継続する”進化を実現!「超ロングライド三船塾」

 時間:12:30~13:30

 講師:三船雅彦/マッサエンタープライズ

3.「グラベルロードの楽しさ教えます!ひとりでも仲間でも楽しめる自転車キャンプ講座」

 時間:14:00~15:00

 講師:山下晃和

写真は上から順番に

自治体・観光団体向け第3回「ニッポン サイクルツーリズム シンポジウム」

 自転車は基本的にオールシーズン楽しむことのできるスポーツとしても知られています。そこで、1つの自転車大会の集客だけを追求する“一大会集約型”にとどまらず、すべての季節を通して誘客できる“通年活性型”の仕組みを作ることが重要となってきます。一年を通して各地を活性化するには、基本となる“道”、安全に楽しむための“マナー”、その道を活用する“レンタル・シェアバイク”、愛車を現地まで運ぶための“電車・クルマ・船とのリンク”、そしてそれらを周知するための“イベント”が必要とされます。本シンポジウムでは、これらの内容を実践する先進事例の紹介と、これから進むべき日本のサイクルツーリズムの未来について意見交換を行います。サイクルツーリズムにご興味のある自治体、観光団体、旅行代理店、イベント主催者などご関係者の方々はぜひご参加ください。

■タイムスケジュール

・基調講演:「東京オリンピック・レガシーの持続活用から生み出されるスポーツツーリズムの可能性」

 時間:12:00~13:00

 講師:原田 宗彦氏/一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構理事長

・特別講演:「サイクルツーリズム、経済成長への道」

 時間:13:05~14:05

 講師:ケネス・J・ポジバ氏/BIKE NEW YORK会長兼CEO

・先進事例報告1.:「総延長180km“つくば霞ヶ浦りんりんロード”による地域魅力拡大の可能性」

 時間:14:15~14:45

 講師:中村 浩氏/茨城県 政策企画部 地域振興課 交流プロジェクト推進室 室長

・先進事例報告2.:「全国地方自治体間の連携とサイクルツーリズムがもたらす地方創生の価値」

 時間:14:50~15:20

 講師:中田 尚雄氏/愛媛県今治市 産業部観光課サイクルシティ係 係長

 杉本 悠太氏/滋賀県守山市 政策調整部地域振興・交通政策課 主査

・パネルディスカッション:「海外・国内事例から考える、日本のサイクルツーリズムと交通システムの将来」

 時間:15:30~17:10

 コーディネーター:星野 知大氏/スポーツジャーナリスト

 パネリスト:中村 浩氏/茨城県 政策企画部 地域振興課 交流プロジェクト推進室 室長

 中田 尚雄氏/愛媛県今治市 産業部観光課サイクルシティ係 係長

 杉本 悠太氏/滋賀県守山市 政策調整部地域振興・交通政策課 主査

■開催概要

 ・日時:11月2日(土)12:00~17:10

 ・場所:サイクルモード会場内シンポジウム会場

 ・定員:120名

 ・料金:無料(要事前申込)

 ・申込方法:サイクルモード公式HPからGoogleフォームに必要事項を入力の上、申し込み

 ・詳細URL:http://www.cyclemode.net/travel/#symposium

CYCLE MODE international 2019 開催概要

 ◆日時

 11月2日(土)  10:00~18:00  ※9:30~ 販売店関係者優先入場

 11月3日(日)  10:00~18:00 ※9:30~ 販売店関係者優先入場

 11月4日(月・休)  10:00~17:00

 ◆場所:幕張メッセ 9~11ホール

 ◆主催:サイクルモード実行委員会(テレビ東京/テレビ大阪/テレビ大阪エクスプロ)

 ◆入場料:【前売券】 前売券 1,300円 、女性券 1,100円、2日券 2,000円

 (税込)【当日券】 当日券 1,700円 、WEB当日券 1,500円

 ※中学生以下無料

 ※チームキープレフト会員は入場無料

 ◆お問い合わせ:サイクルモード事務局 TEL:03-3239-3155 (平日11:00~18:00)

 ◆公式ウェブサイト:https://www.cyclemode.net/

 ◆後援(予定):自転車活用推進本部、経済産業省、国土交通省、千葉県、千葉市、(一社)自転車協会

 (一財)自転車産業振興協会、(公財)日本自転車競技連盟

 (公社)日本トライアスロン連合、日本マウンテンバイク協会

 (一財)日本自転車普及協会、日本経済新聞社(順不同)

同時開催レース 開催概要

■弱虫ペダル 幕張クロス in CYCLE MODE 開催概要

 ◆名 称:弱虫ペダル 幕張クロス in CYCLE MODE

 ◆日 程:11月2日(土) 8:50~16:35、11月3日(日) 8:35~16:15

 ◆場 所:幕張海浜公園 Gブロック特設コース 〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野

 ◆開催クラス: C1~C4・CM1~CM3・CL1~CL3・CJ・U17・U15・CK1~CK3

 ◆公式サイト:http://starlightcross.com/

 ◆参加費用:一般 4,500円~

 ◆お問合せ:幕張クロス実行委員会 TEL:(042)401-6326(9:00~18:00・平日)

■第4回 JBCF 幕張新都心クリテリウム 開催概要

 ◆名 称:第4回 JBCF 幕張新都心クリテリウム

 ◆日 程:11月2日(土) 9:00~14:35

 ◆場 所:幕張メッセ北側 周回公道(約1km/周)

 ◆参加対象:JBCF所属選手/招待選手

 ◆開催クラス: Jプロツアー(エキシビジョン)、Jエリートツアー(年間最終戦)、Jフェミニンツアー(年間最終戦)

 ◆公式サイト:https://jbcfroad.jp/race/47/

 ◆お問合せ:JBCF事業部 運営課 race@jbcf.or.jp

 ◆主催:JBCF(一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟)

 ◆共催:千葉市

 ◆後援:千葉県/(公財)ちば国際コンベンションビューロー

 ◆協力:サイクルモード実行委員会、千葉県自転車競技連盟、幕張メッセ、千葉市自転車競技連盟

今後のご案内に関して

 当日のコンテンツに関しては随時更新がございます。

 更新情報につきましては、広報事務局よりあらためてリリースをさせていただきます。

 またイベント当日のご取材に関しましては、別途案内状を送付いたします。

 その際同封する取材依頼書にてお申し込みください。

 前回「CYCLE MODE international 2018」の会場内風景や最新ロゴデータなどは、

 サイクルモード公式サイトよりダウンロードいただけます。

 ▼取材に関するお問い合わせ・データのダウンロードはこちらから

https://cyclemode.net/press/

この記事を共有する

おすすめ情報