PR

卒業生イベント 金メダリスト×大学教員・サッカー解説者 岩崎恭子氏×上田滋夢 対談

PR

学校法人追手門学院

 追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:川原俊明)は、卒業生団体である大学校友会東京支部の集いのメインイベントとして、バルセロナ五輪金メダリストでスイミングアドバイザー・スポーツコメンテーターの岩崎恭子氏をゲストに、社会学、スポーツ戦略を専門とする本学社会学部教授でサッカー解説者でもある上田滋夢との対談による講演会を、11月9日、東京・渋谷で開催します。

 東京五輪を来年に控え盛り上がりを見せる中、「金メダリストの立場から東京オリンピックをどう楽しむか」と題して、ご自身の楽しみ方はもちろん、注目の選手や競技会場での楽しみ方などについてトークします。

講演会概要

 テーマ:「金メダリストの立場から東京オリンピックをどう楽しむか」

 日 時:2019年11月9日(土) 総会終了後(12時20分頃より)40分間を予定。

 (※受付:11時30分~、総会:12時~)

 会 場:タント・タント渋谷 (東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店本店8F)

 聴講者:首都圏地区在住の追手門学院大学卒業生、追手門学院関係者

登壇者

岩崎恭子 スイミングアドバイザー・スポーツコメンテーター

 1988年JOCジュニアオリンピック初出場(小学4年時)

 1990年日本選手権初出場

 1991年全日本選手権4位

 1992年バルセロナオリンピック200m平泳ぎ金メダル(生涯ベスト2分26秒65)

 1996年アトランタオリンピック200m平泳ぎ10位1998年現役引退

上田滋夢 追手門学院大学 社会学部教授

 名古屋グランパスエイト、ヴィッセル神戸、アビスパ福岡など複数のJリーグチーム及び、大学サッカー部において監督、コーチ、強化部長などを歴任。

 自身でも京都のサッカークラブASラランジャを経営するなどサッカーチーム運営の実務家として活躍。その経験を元に現在は研究者として大学の教壇に立つ。

この記事を共有する

おすすめ情報