PR

これまでの10年、そして、『明るく豊かなゼロエミッション社会』に向かって

PR

国立研究開発法人 科学技術振興機構

 低炭素社会戦略センター(LCS)10周年記念シンポジウム

 令和元 年 12 月 4 日(水)13:30~17:00(受付開始 13:00) 会場:伊藤謝恩ホール(東京大学 伊藤国際学術研究センターB2階)定員:350名(事前登録制、無料)■主催:国立研究開発法人科学技術振興機構■後援:文部科学省 環境省

 低炭素社会戦略センター(LCS)は、「明るく豊かな低炭素社会の構築」に向けて、低炭素技術の技術的・コスト的展望に関する定量的な解析、社会への導入のシナリオの検討とともに、低炭素社会の実現を加速する新技術創出に資する研究開発から、成果の普及、社会への実装までを見据えた戦略や社会システム設計のための取組を行っています。

 本年のLCSシンポジウムは発足10周年を記念し、「低炭素社会戦略センター(LCS)10周年記念シンポジウム-これまでの10年、そして、『明るく豊かなゼロエミッション社会』に向かって-」と題して、LCSにおける10年間の研究・提案活動の成果を振り返るとともに、「明るく豊かなゼロエミッション社会」を展望します。低炭素社会実現に向けてLCSで進めている技術、経済、社会システムに関する研究の現況や最新の研究成果について、講演とポスター発表でご紹介します。また各分野の専門家を招き、ゼロエミッション社会のビジョンやその実現に向けた技術面、経済・社会制度面の課題、今後の展望等について話題提供いただき、議論を深めます。

 プログラム等の詳細、参加お申し込みにつきましては、下記URLをご覧ください。

 【詳細情報・参加申込】https://www.jst.go.jp/lcs/sympo20191204/

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

この記事を共有する

おすすめ情報